iMacがやってきた

散財の日々?です。いやいや、必要経費です。

ここ2年間のメインマシンはMacBook Pro13でした。ノートブックは持ち運べるというメリットがある反面、スペック的にちょっと劣っていたり、なによりディスプレイが小さいというマイナス面があります。特に、僕みたいに普段ほとんど持ち歩かない人にとっては、実はノートである必要はないんじゃ?というほどのものです。

今年になって、MacBook Proのラインナップが一新された時、15インチあたりはかなりぐっときました。据置専用のMBP。15inchと27inchのデュアルディスプレイはかなり快適なんじゃないか、って。

でもやっぱり、それってノートである必要はないんですよね。それだったらiMacでいいじゃないかと。でもiMac27はさすがに大きすぎる。会社じゃないんだから。21はスペックがなあ…と思っていたところに、ついにきたわけです。iMac21のCore i7モデル。

というわけで、我が家にやってきました。iMac21inch。よく考えてみれば、iMacを買うのは初めてでした。

冒頭の写真の光景がこうなりました。

ちょっと、電気スタンドを考えないといけないですね。棚の上から照らすようにするかねえ。

まだセットアップ仕立てなので、その真価は発揮されていないですけれど、内部スペック的(2.8GHz Core i7, 16G DDR3)には会社のとほぼ同じなのでこれからが楽しみです。

そうそう、MBP13は相方さんの初代iBookG4(ふるっ)と置き換わります(多分WWDC後だけど)。これでようやく家族内が全員Snow Leopardになってすっきり。

ディスプレイを新調しました

自宅での開発にはMacBook Proの13インチを使っています。13インチMacBook Proの初代モデルなので一昨年のやつですね。これに20インチの純正ディスプレイをつないで日々の作業を行っていたのですが、この度ついに念願の大型ディスプレイに交換しました。

交換前の20インチはこんな感じ。

交換後はなんと27インチになってこんな感じ。(横のMacBook Proは同じものです)

というわけで、純正の27インチシネマディスプレイになりました。もちろん27インチといっても他のメーカーにも安くて十分なスペックにものはあったわけですが、それでもなおAppleのディスプレイにしたのはわけがあります。

  1. ディスプレイからMacBook Proに電源が供給できる(ので、ケーブルまわりがすっきりする)
  2. mini displayポートから直接接続できる(ので、ケーブルまわりがすっきりする)
  3. USBのハブとしても使える(ので、ケーブルまわりがすっきりする)
  4. んで、やっぱりアップル純正がいい!

結局、ケーブルがすっきりするだけかい!っていう感じではありますけれど、それはそれで大事ですからね。限られた机の上のスペースは有効に使わないと。

最初は27インチなんて大きくておけない、って思ったいたのですが、ほとんど配置をいじることなくすんなり設定できたのでそれはそれでびっくりしました。

前の20インチは結婚前にPM G5を買った時から使っていたのでもう5年半くらいになりますね。長い間お疲れさまでした。これから静かに(?)余生を送ってくださいませ。

さて、これでようやくiPadのシミュレータがフルサイズで表示できたり、いろいろ便利になりそうですね。

シンプルなキーボードランチャ : Auftakt(アウフタクト)v1.1 を公開しました

Auftakt-64

これまた半年ぶりのアップデートですが、iPhone開発の傍らにちょっとやってみました。

変更点

  • ブラウザのブックマーク・履歴を検索対象に追加(Safariのみ対応)
  • 検索ウィンドウを任意の場所に移動できるように
  • 検索取りこぼしの改善

以前から要望の多かった2点について実現してみました。どちらの環境設定からの設定で有効になります。

履歴検索はこんな感じになります。

auftakt_safari

いずれ、FireFoxとかChromeとかにも対応してみたいですが、それはまたいつになることやら。。。

また、複数台のディスプレイを使っている方で、メイン画面以外に検索ウィンドウを表示させたいという場合は、環境設定の「自由に配置」にチェックを入れてもらえれば、動かしたウィンドウの位置を記憶するようにしました。

まだ使ってみたことがない人も是非一度使ってみてください。便利ですよ。きっと。

デュアルバンドAirMac ExtremeとiBook G4 (Tiger) の相性問題

最近、相方さんのiBook G4の調子が急に悪くなりました。何もしていなくても突然カーネルパニックが起こるんですよね。iBook G4、しかもG4モデルの初代の型なのでかなり古いので、まあ寿命かなあ、と思いつつメンテナンスツール(Tech Tool)でチェックするも問題は見つからず、いよいよOSの再インストール(Leopard以降に慣れるとTimeMachine経由での復元がないのがかなり面倒くさい)ですか、、、あるいは、いよいよ買い替え?と思っていたら、こんな情報を頂きました。

twitter_airmac_tiger

Twitterってすばらしい!情報ありがとうございます

で、その情報元はこちら「デュアルバンドタイムカプセルでiBookG4(OS10.4.11)にカーネルパニック

そういえば、最近とある理由で、最新のAirMac Extremeを購入したわけですが、これがアダになったのですか。うーむ。

原因がわかれば、解決方法もある程度絞られてきます。

  1. Leopardにアップデート:G4 800MHzは一応推奨環境外なのでインストールには一工夫必要、しかもかなり重くなるらしい
  2. 新しいMacにする:もっとも確実ですが、いきなり費用かかり過ぎ
  3. 外付けのUSB無線LANアダプタを使う:このモデルはそもそも無線LAN後付けモデルだったのでそれもありか・・・

と考えていたところで、Extremeを購入したことで、AirTunes用に余ったExpressの存在に気付きました。とりあえず、Extreme→無線→Express→有線→iBook とすれば、費用0で問題を解決できるのでは、と。いや、もちろん、無線の利便性は完全になくなりますけれど、ほとんど据置扱いのiBookにそこまで贅沢なことを考えるのはやめましょう。(それを言いだすなら、本気で買い替えを検討したいところ)

早速LANをつなぎ直して、iBook内のAirMacカードのケーブルを抜きました。ネットには無事につながっているようですし、カーネルパニックも回避できたかな、と。

いずれにしても、そのうち10.7くらいまでサポートできるようなマシンに買い替えたいですよねえ・・・(数世代前のMacBookとか安く手に入らんかなあ)

ちなみに、AirMac Extremeを購入したのは、これ

B002UBE3NW コレガ(アライドテレシス) 2BAY RAID/JBOD対応 eSATA/USB2.0接続 SATA3.5インチハードディスクケース CG-HDC2EU3100
コレガ 2009-11-07

by G-Tools

と、これを用いて、

B0034EMQKG WesternDigital CaviarGreen 3.5inch 5400rpm 2TB 64MB SATA/3.0Gbs WD20EARS-R
WESTERNDIGITAL 2010-02-04

by G-Tools

簡易に2TBのRAID1タイムカプセルを構築したかったからでした。もともとはUSBで直付けしていたのですが、こうすることで共有領域にもなりますし、TimeMachineのディスクが普段からFinder上に居続けることもないので便利で安心かな、と。

CES報告会+MUGNET+ワンボタンの声公開収録 に参加してきました

昨日の13日、アップルストア心斎橋にて4時間の長丁場イベントに参加してきました。もちろんその後の二次会にも。

特に最初のCES報告会はものすごい盛況で50-60人くらいは軽くいたんじゃないですかね。開始30分くらい前に会場についたものの、すでに立ち見決定で、魚井先生の土産話を聞いていました。

MUGNET定例会になったあたりから、まわりもちょっと落ち着いてきて、いつもの雰囲気に。で、のんびりとみていたらいきなり「itokさん、最近新しいアプリを出されましたよね?」というフリ。これが噂の「無茶ぶり」ですかと軽く「無限スコープ」を紹介させていただきました。

常に無茶ぶりに耐えられるようにアプリのデモ動画を常備しておく(or YouTubeにおいておく)っていうのも手かもしれませんね、と。

公開収録をみるのは初めてでしたが、以前、特番の収録に参加した時とはまた違う雰囲気で、面白かったです。やはり、みなさんそれぞれ個性的ですから、ネタによっていろんな化学変化をしますよね。

2次会でははじめての人ともいろいろとお話できて楽しかったです。なにやら新しいアプリのアイディアもいただきましたし、これについては前向きに検討していきたいと思います。ちょうどお蔵入りになっていたものを復活させられるかもしれませんし。

そんなこんなで、ワンボタンのみなさん、参加されたみなさんお疲れさまでした。また配信を楽しみにしています。

ワンボタンの声の特番にゲストとして参加しました

Apple系Podcastとして有名なApple News Radio ワンボタンの声に参加させていただきました。

おそらくことの発端は、僕自身がワンボタンの声のアプリを作ろうとしたことによると思うのですが、その話の流れで「12月か1月くらいに収録を」みたいなことになりまして、みなさんのスケジュール調整の結果、ようやく先週末に収録がとりおこなわれました。

もちろん、podcastの収録は初めてでしたし、そもそもskypeでの複数人チャットもはじめてのことだったので、ちょっと勝手のつかめないままあっという間に時間が過ぎてしまった気がします。

で、配信されたのがこれです。

まず最初にプレビュー版を聴いた時、編集ってほんとにすごいなあ、と。いろんな雑談とか、話がそれてしまったりしていたのに、こんなにきれいになるものかとびっくりです。

で、個人的な感想、というか反省ですが、改めて自分の声を聞くと、やっぱり鼻声で、そして発声があまりよろしくないようで、だからちょっと聴きにくいですね。自分で聴いていても「え?なんていった?」と思うこともありましたし。あとは、編集のことも考えて、あまり発言タイミングがかぶらないようにすべきでした。これははじめてのことなので仕方ないというところですが。

肝心の中身ついては、あくまで一開発者の主観ですので「こういう考え方もあるんだな」という軽い気持ちで聴いていただければよいなと思います。自分で言うのもなんですが、偏っている気がしなくもないのでね。

ワンボタンの声のみなさん、山村さん、松尾さん、魚井先生、どうもおせわになりました。もしこれに懲りることなく、また機会がありましたらご一緒させていただければ幸いです。

MUGNET 1月度定例会に参加してきました

大阪のMacユーザグループ MUGNET の定例会に参加してきました。

前から一度はいってみたいと思っていたのと、最近作っている「ワンボタンの声 for iPhone」をワンボタンのメンバーの人に直に見ていただきたかったこともあり、ようやく日程調整がついていってきました。

といいつつ、最大の失敗を犯してしまいまして、前日にアプリのデモ動画を撮影したにも関わらず、それを持っていくのを忘れるという大失態。

これです↓

思っていたより枠が長くて、ちょっと準備不足だった感が否めないですが、それでも二次会にわたっていろんな人とお話が出来たのはよかったです。

次は月末のAUGMですかね。

「AirMacカードがインストールされていません」といわれたら

家のMacBook Pro、通常は有線接続をしているのですが、プリンタをAirMac Expressで共有している都合(LANの都合)で無線接続も有効にしてあります。

が、今日、会社から帰って立ち上げてみたらそこには「AirMacカードがインストールされていません」のエラーが。。。いやいや、内蔵だし。今朝まで動いていたはずだし。なにより、明日このMBP持って東京出張だし!<ここ重要

再起動しても事態は好転しなかったので、ネットで調べてみました。こういう時、メイン回線が有線なのは助かりますね。

ここここの情報によると、SMCのリセットをすればうまく行きそうです。ただ、手持ちのはユニボディのmid 2009モデルなので「バッテリをはずして」というのは無理だし、念のためアップルのサポートサイトを確認。

この時点では、なぜか日本語サイトは白紙という嫌がらせ状態になっていたので、英語サイトを。

下のほうに機種別のリセット方法がありまして、バッテリのはずせないタイプではこんな感じ。

1. Shut down the computer.
2. Plug in the MagSafe power adapter to a power source, connecting it to the Mac if its not already connected.
3. On the built-in keyboard, press the (left side) Shift-Control-Option keys and the power button at the same time.
4. Release all the keys and the power button at the same time.
5. Press the power button to turn on the computer.

要は、電源落として、電源コードつないで、左側のShift, Control, Optionキーと電源ボタンを一緒に押す、これらのボタンを一緒に放す。もう一回電源投入。で、うまく行くとのこと。

その通りにやってみたら、無事に認識されるようになりました。設定もちゃんと残っているし、そもそもなにがあったのやらですが、これで一安心。

かわせみがやってきた

衝撃のニュースから1年9ヶ月。

ついにやってきました。



発表があってから、どれだけ待ち望んだことでしょう。

やはり、文字入力というのはパソコンのソフトウェア的なインターフェースの中ではもっともユーザに近いところにあるという気がします。パソコンがノートなら、IMはペンです、という感じで。

もちろん人それぞれの好みというのはありますけれど、僕にとってのペンはずっとEGBridgeでした。最近ATOKも使ってみたけれど、どうもしっくりとはきません。単に慣れの問題だといってしまえばそれまでかもしれませんが、それでもストレスなく文字が打てるというのは非常に大事なことですよね。

で、ようやく手にした「かわせみ」。

あー落ち着く。

ここ最近のことえりストレスを完全に忘れて、指が自然に動きます。これこれ。こうだったよね、と。

物書堂様、本当にありがとうございます。

Snow Leopard 導入

遅ればせながら、Snow Leopardをインストールしました。

いつもなら、発売日にインストールするようなものなのですが、Up-To-Dateプログラムによるディスクが届いたのが先週の頭ごろで、ゆっくり時間の取れる週末にってことで、今日がその日になったのでした。

上書きインストールなので特に細かいことは気にせずに、直前のタイムマシンバックアップだけは忘れずに。

まだほとんど触れていないので、なにがどうってこともないのですが、とりあえずスタックが使いやすくなったかなあ、と。

常用していたいくつかのツールは使えなくなっているようですが、そこまで支障はないので対応をまちましょう。自作のアプリたちは今のところ普通に動いているようなので一安心。まあ、そんなにコアなことをしているアプリってないから、Leopardで動いていたらSnowでも動くだろうなという感じで。

これからぼちぼちとその真価に近づいていくことにしましょう。