iPhone 14 Pro、AppleWatch 8、AirPods Pro 2がやってきた

9月の新製品ラッシュが一段落して、最後に届いたAirPods Proも今週現場で使いまして、そんなこんなで新メンバーを改めて歓迎。

パープルいいっすねえ。今回も電話と時計はストア受け取りだったんですが、予約時間を待っている間にスタッフさんとちょっと会話を。

「ディープパープルにされたんですね」
「ええ、いつも新色を買うって決めてるんで、ある意味悩まずにパープルで。あ、でもwatchは新色なかったのでREDにしたんですけれど・・・」
「あー、その決め方いいですね!いつも色に悩むんですよねえ・・・」

とかそんな感じで、パープルです。

新色にしたら、机の上に開発用デバイス並んでいても、間違えなくてすむかも、っていう開発者視点のメリットもありますし。(実際、机の上には12とか13とかも一緒にならんでいるわけで)

純正クリアケースつけると、どうしても反射でパープル感は薄れてしまいますけれども、結構落としてしまうほうなので保護は大事。

Dynamic Islandなんかかわいい。音楽聴きながら、画面を見てるっていうシーン多いので、ディスプレイの上部でメータちょこちょこ動いているのがいいですね。なんか自分でも使えるように試していきたいところ。

常時ディスプレイonも最初は使っていたんですが、なんかつきっぱなしなのはそれはそれで気になったので今はoffにしてます。これも開発者視点ではonにしたほうがよいかもなので、またそうするかも。

Watchさん、寝るときは別の世代をつけているので、皮膚温まだ測ったことないですが、1年ぶりのRED。そんな2世代前は相方さんが使っているのでREDおそろいとなっています。Black Unityのブレイデッドソロループは真っ黒じゃないちょっとしたアクセントカラーがお気に入り。

ちなみに一番の注目はAirPods Proの第2世代。ノイズキャンセルがめちゃ強化されてるわ。地下鉄で全然気にならなくなりましたね。逆に、たまにはまわりに気を配らないと乗り過ごしてしまいそうです。そして、外を歩くときは環境音取り込みモードじゃないと危ない。いやあ、これはいいパワーアップですわあ。

そんなこんなで、新しい相棒さんたちよろしくです。

演奏会のお知らせ : 京都市民管弦楽団第106回定期演奏会(2022.10.23)

本番まで1月半、先週末に集中練習もありまして、っていつもこんな書き出しですが、だいたいこの時期に書くからなあ(とコピペの言い訳

日時 2022年10月23日(日) 13時開場 14時開演
場所 京都コンサートホール
曲目 ワーグナー 歌劇「タンホイザー」序曲
R.シュトラウス ホルン協奏曲第1番
シューマン 交響曲第2番
指揮者 新通 英洋
Hr独奏 水無瀬 一成

京都市民管弦楽団

いい感じのロマン派オールドイツもの。実は全曲弾くのははじめてですね。こういうのって、久しぶりかも。

タンホイザーさん、曲は知ってるけど、話は・・・って、解説読んだり全曲を数回BGM替わりに流したりしたら、とにかくストーリー(と主人公)に突っ込みせざるを得ない気持ちになったのはさておくとして、いいベースラインを響かせられたよいなあ、と。

管楽器の協奏曲は久しぶり。確か、金管のはこれがはじめてですね。18歳で書いたとは思えない、天才の所業。その若さゆえというか、モーツァルトっぽさあるよねえ、と。すでにソリスト合わせも経験済みですが、ほんと本番楽しみですわ。いい音を出してもらえるようにしっかりと支える大事なお仕事がんばりましょ。

最後はシューマン。これでシューマンの交響曲はコンプリートですが、最後にごっついしぶいのきましたねえ。でも4つの中では好きなほうだなあ、4番とどっちがBestかっていう感じだあ、個人的には。相も変わらず終楽章のコーダあたりは泣けますわ。泣いてる余裕無いくらいにどんどん小節進んでいくけども。

手元にチケット何枚かありますので、いとーけーの演奏姿(前半2曲はトップやってますし)でもみてやるかっていう人は是非お声がけくださいませ。

献血日記(133)

また献血ブログっぽくなってきたけれど、夏休みも終わって一段落したので久しぶりの献血へ。

献血ルーム四条|京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

10時の予約で、10時ちょっと前にルームについて、4〜5人目って感じやったかな。いつもとおなじくらい。

待ち時間もそんなになくて、ワノ国編終わったワンピース本誌に目を通していたらあっという間に呼び出され、10時半ごろには本番採血スタートしてました。

MacFan持ち込んでいたんですけれど、今日発売の「マジルミエ」をKindleで読んでいたらそれだけで時間過ぎてしまった。なんやかんやで、ベッド倒れぎみなので、iPhoneでなんか読んだり見たりするくらいが時間潰しとしてはちょうどいいかもしれない。(物理な本は本用のスタンド出してもらっても片手だけでは読みにくいという話もありますし)

今日のお土産は、ウェットタオルとボールペン、ポイントたまったのでティッシュ。ティッシュはオフィス用にもらってるんですけれど、いつの間にか3セットくらいたまってたので、次からは別のでもいいかも。

血はいつも足りていないので、不要不急ではないですし、可能なら予約した上で、みなさんも是非どうぞ。

京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

「ONE PIECE FILE RED」を観てきました

夏の映画ってことで。

『ONE PIECE FILM RED』公式サイト

25周年なんですねえ。さすがに連載開始当初からの読者っていうわけじゃなくて、単行本の最初数巻は後追いで買った気がしますが、それでも24年くらいはずーっと、単行本を発売直後に買い続けているなあ、と。

まあ、そんな状態でも、劇場版を映画館で観るのはこれが初めてだったんですけどね。

というわけで、もう、ウタの歌のオンパレードです。ほぼMVやん。まんまといえばそうですが、ライブ映像の編集版を見てるみたいな、そんな感じで、この歌の部分だけの映像かとか欲しいなとか。映画館の音響で堪能できてよかった。

最近、声優と歌パートは別の人が担当されることが多くて、それがまた歌そのもののクオリティ高くて良いですよねえ(パリピ孔明もよかったな〜

ちなみに、本作を見るにあたって、原作をほとんど知らない人にどんな予習をしていったらよいか、みたいなのを探っていたんですけれど、1巻とかシャンクスのでそうな巻とか、大将がでそうな巻とか、その辺をベースに、、、としていたんですが、実物を観た感想。第一声。

「これ、全部読めるなら全部読んでからのほうがいいやつや」

もちろん、原作読んでなくても楽しめると思うんですが、細かいネタまで楽しむならね。最新の103巻までじっくり読んでから観るのが超オススメですね。

長寿な原作っていうのもあって、いろんな世代でも楽しめると思いますし、夏休みのお出かけ映画としてどうぞ〜

あ、ちっこい動物たち(?)かわいかったですね〜

はてなでの副業を終了しました

はじまりがあればおわりもあるよねえ、ということでご報告。

これから5年弱が経ちまして、

はてなで副業しています – いとーけーのページ(2017.12.7)

いろいろ思うところありまして、今月末付けで副業を終了しました。今日が最終出社日。実際は2017年の11月中旬からだったので、4年8ヶ月くらいかな。

出社っていっても、ここ2年くらいはずーっとリモートだったので、先日移転した京都社屋に足を踏みいれたのは今日が最初で最後だったという。

チームで開発、わいわい開発、一人会社だけでは触れることのない技術や開発手法、サービス運用についてなどなど、いろいろと勉強させてもらいました。

これからどうするかっていうのはまあさておいて、もしかしたら本業の傍らでどこかのアプリ開発に個人として顔を出しているかもしれません。すべては働き方改革ってやつですね。

はてなのみなさんどうもお世話になりました。

ちなみに、日記がわりのはてなブログのほうは連続1600日を超えて今もアプリだけで更新中。これからも書き続けていこうかな、と。

itokの日記

44歳になりました

なんかいろいろバタバタしている毎日ですが、表題の通りで。

今朝、相方さんよりもらった小物。犬かわいい🐶

ケーキはずっと前からお取り寄せしておいてよかった。

武蔵野茶房 特製焼チーズケーキ【木箱入】

ほんとに木箱に入ってきたけれど、木箱から出して冷蔵庫に保存、って木箱はいったい・・・

それはさておき、大変おいしくいただきました。濃厚チーズたまらんね。

今年はゾロ目。まさに40代半ばってことですね。カラダ資本だよねえ、ということを日々実感。

そんなこんなもあってか最近、Fit boxing2をやり始めましたりしてます(Fit boxing→リングフィット→Fit boxing2の流れ)。全く運動しないっていう日々はなんか物足りないかもしれない?っていうカラダになってきたのかも。まあ、週に数回ののんびり運動ですけども。

誕生日だからっていうわけじゃないけれど、たまたまタイミングのいい話として、先日愛車さんが代替わりしました🚗。こんなに早く買い替えるつもりはなかったんですけれども、いろいろ縁がありましてね。

先代

当代(ほぼ間違い探しな感じですが・・・そして写真では違いがわかりにくい。実は違う?どうでしょう?)

最後になりましたが、お祝いのメッセージをくれたみなさま、いつもありがとうございました。

献血日記(132)

40歳を過ぎると献血okの条件として1年以内に心電図検診を受けている必要(かつ、もちろん結果が正常である必要)があるんですが、去年の6月に健康診断を受けたところだったので、今年の7月頭の健診までは微妙は狭間だなあ、、、という感じでしたが、先週無事に心電図検診受けましたし、条件クリアしたので献血にも行ってきました。

献血ルーム四条|京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

久しぶりの祇園祭の宵々山ってことで、四条通に人があふれている感じでしたけれど、そんな影響もあってか、ルームも人がいっぱい。

アニメ放送が始まった「よふかしのうた」を読みつつ、MacFanでWWDCで発表された製品情報の詳しい解説をチェックしつつ、Montereyでデジタル終活の設定(故人アカウント管理連絡先の設定)ができるなんて知らんかったわ〜と。あと「ルリドラゴン」平和でよいですなあ。

今日のお土産は、ウェットタオル?と七夕キャンペーンでシャービック。製氷皿とか無いけれど、夏休みに作ろうかな。

血はいつも足りていないので、不要不急ではないですし、可能なら予約した上で、みなさんも是非どうぞ。(何人か予約無しでやってきて「待ちますよ」みたいな説明を受けていたっぽいし、せっかくならね)

京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

献血日記(131)

またちょっとあいてしまったけれど、1月半ぶりの献血。いくぞ!って思っても予約しようと思ったら1週間後とかになっちゃうんよね〜

献血ルーム四条|京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

今日はちょっと空いていたかもしれない。空いてるっていうのは必ずしもいいことじゃないわけですが。

献血の血液検査結果っていつもハガキでやってくるんですが、それを徐々にやめていこうっていう動きがあるっぽい。そういや、ハガキで来る前に、メールで連絡きて、たまにWebで結果確認して、そのあと届いたハガキはほとんど気にしてない、、、ていうパターンが多いので、資源の無駄をなくそうっていう風潮的にも、自分の生活パターン的にもそれでいいかなって感じで、もうその場で今日の分からハガキはいらないです、っていう風にしてもらいました。

前回同様「よふかしのうた」の続きを読みつつ、MacFanの最新号を読みつつ。デスク周りをすっきりさせる話しでてましたねえ。PREDUCTSの机でてましたねえ。これ欲しいって思ったやつだなあ。今のオフィスつくる時にあったら買ってたかもなあ、とか(今は予算オーバーすぎて・・・)

今日のお土産は、ウェットタオル?とお茶漬け、あとはポイントたまってミニボックスティッシュ(←これオフィスで結構役立つ)。

血はいつも足りていないので、不要不急ではないですし、可能なら予約した上で、みなさんも是非どうぞ。

京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

京都市民管弦楽団第105回定期演奏会でした

京都は真夏日だったぽいですけれど、そんな晴天の日の演奏会。(なんか、同じ日にいろんなアマオケで本番だったみたいですが)

曲目 ウェーバー 歌劇「魔弾の射手」序曲
メンデルスゾーン 劇付随音楽「真夏の夜の夢」より抜粋
メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」
指揮者 柴田 真郁
場所 京都コンサートホール
備考 メイントップ

普通に?オケで本番ができるようになってきたといいますか、とはいえお客さんが完全に戻ってくるまでにはもう少し時間がかかりそうな気もしますが、それでも音楽を届けることができたので本当によかったよかった。

恒例のリハ中写真、いろいろ写り込みとか気にしていたら結局思っていたふうには撮れなかったし、なんかいい撮り方を考えないとなあ、と。

序曲はどうしてもアクセルの踏み具合が難しいですが、いいpizzできたしよかったよかった。

真夏はとにかく結婚行進曲をホールに響かせることができてなにより。ほんと、天才の作る名曲は違うわ〜名曲には名曲としての格がありますねえ。夜想曲も低音(E開放とか)もいい感じでしたね。

そして、久しぶりのメイントップ。いつも前半で神経使って、後半はトップサイドあたりで弾いてる感じだったので、後半トップっていうのはなかなか緊張感ある。

とはいえ、こちらもいいpizzできた(注目ポイントpizzばかりですが)し、リハで気になっていたところもだいたいいい感じだったんじゃないかなあと思うわけで、なにより終楽章コーダの前の静寂で自分で自分たちの演奏に鳥肌立ちましたよ。あの時ステージにいられてよかったね、と。

まだまだみんなで打ち上げできるようにはならないわけで(というか、いつかできるようになるんかな?どうなんかな?)自宅打ち上げ。買い込んだビールをたくさんおいしくいただきました。

今回は、当初の想定よりも多く練習指揮を振らせてもらったりしましたが、いつもいろいろ勉強させてもらってる感じです。もっと音楽の近くに寄れるといいのですけれど、まあ弾くのも振るのもぼちぼちとやっていければいいかな。のんびり楽しく、でも真摯に、ですね。

さて次もがんばりますか〜コンチェルトは一昨年中止になった演奏会の再挑戦ですね。

早速いつものwikipediaさん情報によると

ロベルト・シューマンの交響曲第2番ハ長調作品61は、1845年から1846年にかけて作曲され、同年11月5日に、メンデルスゾーン指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団によって初演された。

ってあって、選曲時に意図はしてなかっただろうけれど、つながってるもんだなあ、と。

聴きにきていただいたみなさんありがとうございました。関係者のみなさんおつかれさまでした。家族のみなさんいつもご協力ありがとうございます。

夜の練習終わって帰ってきた時、寝る前の上の子に「お疲れさん」っていってもらえたり、なんやかんやで子たちもみんな演奏会にきてくれるのはほんとにいい話

梅酒を漬けました(2022年版)

梅の花が咲くのもちょっと遅かった気もするし、満開になってからすぐに大雨で散っちゃったし、あまり期待はしていなかったけれど、それでも去年を振り返ると3〜4倍収穫できたんやね。

2022.5.3

これで700gくらい。去年がちょっと収穫時期を遅らせたこともあって、実質180g位だったことを思うと、小粒ですが、まあこんなものかなあ。一昨年が多すぎたからその印象がまだ強いけれど、大規模剪定からの回復と思うとやっぱり妥当なのかも。

恒例ながら振り返っておきます。

年明けにようやくつぼみが膨らんできて

2022.1.9

待ちに待った開花は1月末。

2022.1.30

その後雪に降られたりもしたけれど、元気に花の数を増やして

2022.2.21

3月中旬には満開。

2022.3.10

だけどこの1週間後くらいに大雨降って、ほとんど散っちゃって、受粉の機会が少なかったんじゃないかと心配してました。実際のところ花の数に対して実の数はどうなのか、はわからないので、感覚的な話しかできないんですけどね。

4月になると、ぼちぼち実が確認できるようになり

2022.4.7

後半には、実が落ちることもちらほらと。やっぱりGWくらいで収穫しておかないと落ちちゃうんやねえ、と。

2022.4.16

そんなこんなで700gなので、これはもう全部お酒にしますかね。と。最近のはやりはウォッカ漬けなので、今回もそうしてみました。

2022.5.4

700gの梅に同量くらいの氷砂糖。それと750mlのスミノフ。写真ではわかりませんが、これ、梅の上の方はお酒に浸かってません。完全に梅の方が多かった。(1kgの梅に1.8Lのお酒を使うので、配分おかしい?、と気付いたのは瓶に入れてから)

まあ、それでも、1日経った今日には氷砂糖もほぼ溶けて、全部の梅がきれいに液体の中に浮かんでますけども。

さてさて、どんなお味になるのかな。楽しみですね〜