近畿フィルハーモニー管弦楽団第37回定期演奏会でした

日曜はひさしぶりに大阪でオケの本番でした。

曲目 リスト 交響詩「レ・プレリュード」
ドリーブ バレエ「シルヴィア」組曲
ベートーヴェン 交響曲第3番
ベートーヴェン バレエ音楽「プロメテウスの創造物」より終曲(アンコール)
指揮者 岡田 良機
場所 いずみホール
備考 賛助

近フィル、ブログに記録残ってないけれど、あらためてさかのぼると2003年以来の出演です。10何年ぶり、とか言ってたけれど20年以上ぶりだった。

大阪でオケに所属していたころの知人の方々ともひさしぶりに同じステージに乗れてよかったです。いずみホールもひさしぶり。

ベートーヴェンは先日5番を弾いたところからの3番。これも20年以上ぶりだったなあ、あいかわらずめちゃむずい。リストも先日弾きましたね、そしてシルヴィアは初でしたけど楽しかったです。

ベース8人の後列で、いつもと違う雰囲気で、ある意味心に余裕を持ちながら(自分がパートを引っ張っていかなくちゃ、とかないので)地響きのお手伝いができたかなあ、と。

大阪での練習には車で通っていましたし、本番も車移動だったので、打ち上げはちょっと遠慮して自宅でおいしいビールをいただきました。

そういえば、買ったばかりの新松脂の本番デビューでしたが、まだなじめてはないかなあ(自分が)。弓の毛も古いしね。前使っていた6よりは粉が飛び散らなくなった感じ。

暑い中、客席はほぼ埋まってる感じで、関係者のみなさまお疲れさまでした。また機会があれば、ということで。

献血日記(151)

また献血ブログっぽくなってきた(献血日記の割合増えてきた)

献血ルーム四条|京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

なんか毎回老眼鏡のネタを書いている気がしますが、そもそも今日はオフィスに持っていくのを忘れていたので論外でした。まあ、なんとかなったけれど。

猛暑日な一日でしたけれどルームにはたくさんの人がいてよかったよかった。(なんかルームの混雑を見て一喜一憂してる人みたい)

そして献血自体はいつも通りになにごともなく過ぎ去ったんですけれどね。。。

ボールペンと、七夕のそうめんと、ポイントたまったピンバッジと・・・

って、ポイントたまった時に「ポチャッコのO型」っていった気がするんですけどね。サンリオのキャラ4種で、血液型も4種なので、キャラごとに1つの血液型でバッジをそろえようかと・・・(ポチャッコのOで4種目になる予定だった)

受け取った時も全然気付いてなくて、ルーム出て、あとで並べて撮影した時に初めて気付きました。あ、これポチャッコじゃなくてポムポムプリンやん。ポムポムはB型のを持ってるよ、って。どっちも同じ「ポ」だからかな。自分気付かなかったので全然ダメなんですけれど。

まあ、またポイントたまったら今度こそってね。多分2〜3回でたまるでしょうし。

そんなこともありましたが、血はいつも足りていないので、可能なら予約した上で、みなさんも是非どうぞ。

京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

(全然関係ないけれど、ポムポムプリンが、犬、しかもレトリバー、なのをはじめて知りました、今日。そういうナゾ生物だと思ってた)

「犯罪心理学者は見た危ない子育て」を読みました

学校関係からちょっとオススメされまして、そしてちょうど読む本ないタイミングだったのでさくっと。

自分的には子育て後半戦には突入していると思っているんですが(あと10年も経たないうちにみんなが独立する、はず)、そんなわけでちょっと今さら?かなと思いつつページをめくってみたけれど、いろいろうなずけること盛りだくさんで今からでも参考になりそうなことたくさんあったわ。

というか、基本的に犯罪を犯した子の話からスタートするので、そしてちょうどまさにそういう時期(思春期から青年期)にさしかかっているっていうところなので、その意味ではドンピシャだった。

自分は大丈夫、うちの家族は大丈夫、と思い込まずに、できるだけ客観的に見られたらいいんですけどね、難しいですよね。

なんでもバランス大事なので、極端でなければ大丈夫なんですけれど、とはいえ、程度問題ではあるけれどやっぱり偏ってはいるよねえ>自分、と省みながら。

たまにはこういう本もいいですね。成功体験の本はとくに読むモチベーションあがらないですが、こういうのは逆に参考になりそうで。というか、子育て関係の本まじめ読んだの、初めて?超ひさしぶり?文章も読みやすくて通勤時間だけで1週間もかからなかったです。

ちなみに、冒頭を読みながら思ったことは「あ、これNewtonで読んだわ」でした。たまにNewtonで心理学系の特集が組まれることがあるんですが、そういうところで結構触れられてる話もあって、心理学は科学ですからね、と。