写真

味噌作りをしました

毎年恒例の春の味噌作り。今年は結構しっかり経過を記録したので、来年に向けての覚え書きとして。

材料

  • 白大豆1.5kg x 2
  • 米麹1.5kg
  • 玄米麹1.5kg
  • 酒粕

1.5kgの大豆で約6Lの味噌ができますので、今回は合計12L分。

それを半分米麹、半分玄米麹で作りました。

さらに、それぞれのフタを塩と酒粕でつくったので、4種類の味噌が3Lずつできる計算。

前々日

まずは、豆を水に浸けます。

このボールは1年に1度、味噌作りの時だけ登場する巨大ボール。これに4分の1の大豆(つまり約750g)が入ってる感じです。

20170401_IMG_9725 のコピー

どんどん水をすうので水をいっぱい入れておかないといけません。

前日

1日水に浸けた豆はこんな感じ。

20170401_IMG_9729 のコピー
で、この豆をゆでます。

圧力釜でもいいらしいんですけれど、この量は無理なんで地道に。

20170401_IMG_9731 のコピー

地道にやると指で簡単に潰せるようになるまでは4〜5時間かかります。

灰汁がたくさん出てくるのでこまめにすくって、あと水量もどんどん減るのでこまめに水(ポットで沸かしたお湯)をたして、、、とこれはほんとに地道な作業。

20170401_IMG_9730 のコピー

実際にはこの巨大ボール2つと大鍋2つが、キッチンの3口コンロ + カセットコンロの総動員でゆでられてました。

とはいえ、夕飯の準備とかで普通にキッチンも使っているので、コンロまわりはずいぶんと大変なことになってました。

で、そんなこんなで夜も遅くなっていたので、この日は3時間くらいゆでて、当日の朝にもう1時間くらいをゆでることに。

当日

朝に1時間くらい追加でゆでて、指で簡単に潰せることを確認してゆで作業は終了。

20170401_IMG_9733 のコピー

粗熱が取れるまでしばらく放置。

水を軽く切ったら、厚手の袋に入れます。これが3kgの全体像。つまりボールに入っていた分の4倍ですね。ちなみに右下にあるのがサイズ比較用にとおいたAirPodsのケース。

20170401_IMG_9734 のコピー

さて、ここから豆を潰します。まずは足でざっくりと踏み踏み。これ以降は子たちも参戦です。

20170401_IMG_9735 のコピー

で、細かい潰し残しを地道に確認しながら潰していきます。まあ、実際にはたまに豆が原形のまま残っていてもなんかそれはそれでラッキーって感じだったりするんですけどね。

20170401_IMG_9743 のコピー

次に、麹の準備。麹と塩をもみ合わせていきます。しっかりすり込まないと行けないのでこれもそれなりに根気のいる作業。

麹でおにぎりの形に握って、転がしても崩れないくらいにしっとりしてきたら準備完了。

ちなみにこれは玄米麹。

20170401_IMG_9744 のコピー

あとは豆と麹をひたすら混ぜていきます。こねこねこねこね。

で、用意していたタッパーに詰めます。いつもは3.5Lくらいのタッパーを4個使うんですが、今回は2Lのもの(計8個)にしてみました。数は増えますけれど、1つ1つはコンパクトなので実際に使う時には便利かな、と。

1.5kgの豆で約6Lになるので、6Lより多めに入るだけ用意しておく必要があります。

これで豆1.5kg+玄米麹分です。

20170401_IMG_9749 のコピー

この上に、塩と酒粕でフタをするとこんな感じ。このタッパー4個分で、塩は100g、酒粕は500gのものを1パック半くらい使った感じでしょうか。

20170401_IMG_9752 のコピー

塩麹の分もあるので実際にはこの倍の量がありますが、ラップをひいてタッパーのフタをして、新聞紙で包んで完成です。(結構雑ですが・・・

20170401_IMG_9756 のコピー

潰しはじめてからざっくり2時間くらいで完成しました。

で、うちの玄関に味噌タワー復活。一番上のは去年作った味噌です。もう最後の1つになってる。。。

20170401_IMG_9757 のコピー

ちなみに、あと豆1.5kg分(タッパー4個分)作る計画もあるので、これで2年物の味噌が食べられる日が来るかも・・・

食べられるようになるのは11月ごろからですが、はてさてどんな味になってますかねえ〜


青川峡にキャンプにいってきました

やってきましたキャンプシーズン!というわけで今年初のキャンプです。

去年の初キャンプと同様に青川峡へ。

青川峡キャンピングパーク

予約開始日はかなりの予約合戦となるわけですけれど、今回は無事に確保することができました(ちなみに次回のGWも激戦を勝ち抜いて予約できてます)

去年の初キャンプは1泊だったんですがやっぱりそれでは物足りないということもあって今年は2泊。

まずはちょっと遠回りしてもくもくファームに買い出しへ。

伊賀の里モクモク手づくりファーム

ファーム手前の野菜市場やもくもくショップは朝9時からあいていましてここは無料で入れます。(ファーム自体は10時オープン。まあ、会員なのでファームもほぼ無料で入れるんですけれど)

ここでおいしい野菜とか美味しいお肉とかをゲット。

そこからキャンプ場へ向かいました。

現地に着いたのは12時過ぎ。14時チェックインなので、手前の公園でお昼を食べてちょっと休憩。

13時ごろに受付で手続きだけを済ませました。結局13時半くらいには場内に案内してもらえたので、だいたいそういう感じなのでしょう。

で、今回は15時から山菜トレッキングに参加する予定だったのでテントを大急ぎでたてます。

イベント | 青川峡キャンピングパーク

大急ぎでたてたんですけれども半年ぶりということもあってちょっと手間取ってしまって、バタバタしたままイベントに参加。(どのくらいバタバタしたかっていうと毎度おなじみの「テントたてた」っていう写真を撮る暇もなかった・・・)

山菜といえば、それこそタラの芽とかゼンマイとかそういうメジャーどころを想像していたんですがそういうんじゃ全然なくて、アザミとかニワトコとかそういう感じ。ヨモギとかツクシもありましたね。あと、ちょっと変わり種としてはつばきの花びらとか。

それをキャンプ場の外も使って歩きながらみんなで採取。

20170328_IMG_4E4235F87DFF-4

これを天ぷらにしてもらっておいしくいただきました(天ぷらは、ものすごい勢いでなくなったので写真を撮る暇なし・・・)

晩ご飯はもくもくの豚を使った豚汁と

20170328_IMG_4E4235F87DFF-6

もくもくのベーコンで炊き込みご飯。

20170328_IMG_4E4235F87DFF-15

サーモンやシシャモの薫製も美味しかった。

20170328_IMG_4E4235F87DFF-13

もちろん夜食はラーメンを。

20170328_IMG_4E4235F87DFF-7

夜は結構冷えました。というか、3月後半だというのに全然春の感じなかったですよね。昼間も結構肌寒かったなあ、と。

2日目はポツポツと雨が降り出してきました。テントの雨音で何度か目が覚めましたけれど、外に出てみるとそれほど強い雨でもなくてよかったというかなんというか。

朝ご飯は定番の前日の残り。ですが、もくもくで買ったお米の白ご飯がめちゃ美味しくて子たちにも大人気でした。

20170328_IMG_4E4235F87DFF-1

午前中は小雨が降ったり止んだりで、そんな中、小学生達は探検隊のイベントへ。いろいろと山の中を歩き回ったそうです。なにやら鹿の角も見つけたとか。

お昼は定番カレー。もうみんな中辛でもOKになってきたのですね、と感慨深い。

20170328_IMG_4E4235F87DFF-2

昼から止むかと思ったら全然止む気配もなく、子たちはテントの中で遊んでおりました。

私はといえば、昨日に引き続き枝豆とかシシャモの薫製が美味しくて美味しくて。。。

20170328_IMG_4E4235F87DFF-9

20170328_IMG_4E4235F87DFF-3

夜は寒い時定番のポトフと炊き込みご飯第2段。ここにももくもくのベーコンとかソーセージ大活躍ですね。

20170328_IMG_4E4235F87DFF-10

このまま雨は止むこともなく夜食を食べて就寝。明日には止んでるといいねえ、、、と。

20170328_IMG_4E4235F87DFF-11

そうそう、薪を現地で11束買いました。使ったのは10束ですけれど、持参した薪もあるから結局12〜3束分は使ったかも。そのくらい暖をとるのが大事だったってことですね。

夜は雨のせいもあってさらに冷えた感じでした。とはいえ、3時ごろにふと目を覚ましたら雨音が無くなっていたのでその頃には止んでいたっぽい。

そして最終日。久しぶりのお日さま登場。

朝はそれまでの残り物とパンで手間いらず。

20170328_IMG_4E4235F87DFF-12

で、晴れたのはいいんですけれど、どうも風が強い。というかめちゃ強い。

いろんな方向から吹いてくるし、たまに突風みたいなのもあります。

テントは風のおかげもあってすっかり乾いたんですが、小物は飛ぶし、タープはめちゃくちゃはためくし片づけとしては結構大変でした。12時チェックアウトなのでゆっくり片づけをと思っていたのに結局かなりバタバタしたかな。

雨の一日も大変でしたけれど、あの風の中で一日過ごすのはもっと大変だったかもなと、撤収する日でよかったのかも。

そんなこんなで大自然の厳しさの片鱗を味わった気がしたキャンプでした。

あ、今回の新グッズ。そんな大したもんじゃないですが、ケトルを買いました。お湯は割と必要なことが多いのでケトルはご近所さんとあわせて何個あってもいいかな、と。

20170328_IMG_144E711B0694-1

いい感じに色つきました。

20170328_IMG_4E4235F87DFF-14

いつものキャンプ場メモ。

  • 薪は現地で購入可。その他キャンプグッズもたくさんおいてます
  • 炊事場は有料でお湯も使えます。そして冬シーズンは無料でお湯が出るので大変助かりました
  • トイレは洋式あり、ウォシュレット・暖房便座つき。ファミリートイレもあり。常に掃除がされててかなりきれい
  • ゴミは分別で大型のもの以外ほぼ全部捨てられる
  • 隣接の公園はキャンプ場利用者じゃなくても使えます

半年ぶりだったので準備もばたばたとしましたが、勘が戻ってきたのでまた今年も楽しんでいきたいと思います。

下の子たちも手伝いに参加してくれるようになってきました。みんなで材料切ったり、洗い物したり。みんな成長してますねえ。

次はGW。実は同じ場所にいきますが、また違うイベントもありますし、季節もいい感じでしょうし、今度も楽しみですね。(1ヶ月後にまた行くとなると片づけも若干雑になる今日この頃・・・)


六呂師高原にキャンプに行ってきました

恒例となりつつあるハロウィンキャンプ。といっても今年で2回目ですけどね。

六呂師高原温泉キャンプグランド

3連休のハロウィンイベントってことでチェックイン早めの11時。

今回は、買い出し無しでまず現地にいって、テントをたててから、ゆっくり買い出しすることにしました。

天気は下り坂の予報で、テントをたてる時はぱらぱらと降ったりしたのですが、その後はなんとか持ち直してよかったよかった。

20161011_img_9159

ちなみ今回は4家族17人の大所帯、ちょっとした団体ですな。サイト5区画分を使わせてもらいましたけれど、1区画が結構広かったので実質2区画半くらいでなんとかなったかな。あとは全部子たちの遊び広場となりました。

しかもテント3つが同じだったのでなんかものすごい統一感。

 

ハロウィンキャンプですから、夕方には仮装してお菓子をもらい歩きます。

そう、このためにつくったのが「ハロウィンカメラ」。iPad Pro用の防水ケースも用意しました。

20161011_img_9163

(動作しているところを客観的に撮影するのは結構難しい)

まわってくる子たちも「なにこれ!?」って楽しそうだったし、大人の反応もよかったし、10代半ばくらいの女の子に「まじこれやばい」いただきましたので大変満足しております。

20161011_img_9173

余談ですが、展示する場合はその場でちゃんと声かけるといいですね。「お、みてみて、カボチャになってるで〜。あ、君はガイコツやん」みたいにね。写真ではテーブルの上に置いた感じですが、実際には胸のところに持ったまま、みんなの顔のほうを向けながら話しかけるっていうスタイルでした。野外の夕方ってことで明るさの確保は難しいところでしたけれど。

 

晩ご飯はいつものカレーと、タンドリーチキン。

20161011_img_9174

4家族なので焚火の様子もすごいことに。(これ以外に薪ストーブもありました)

20161011_img_9179

 

寝ている間にものすごい豪雨があってからの2日目。それでも朝は結構雨が止んでいて傘を差さなくても大丈夫な程度でした。

いつものようにコーヒー飲んで、

20161011_img_9180

前日にカレーと一緒に作っていた豚汁をいただきます。

20161011_img_9181

今回は珍しく、キャンプ場の外に出てみました。車で30分くらいのところに恐竜博物館があるので、そこへぶらりと。

FPDM: 福井県立恐竜博物館

お昼から行こうかという話もあったんですが、ホームページを見ると連休ということでめちゃこみそうだったので、慌てて午前中に。

おかげさまで併設の駐車場にもなんとかとめられましたし、入場券も並ぶことなく買えました。(お昼頃に出てきたらものすごい行列できててセーフ)

で、お昼はなんかおしゃれにニョッキに挑戦。(こんな料理今回初めて目にしたよ)

20161011_img_9193

20161011_img_9194

あと定番化しているピザもね。

20161011_img_9195

おやつ的な感じで、エピが作られました。(以上、全部、私は火の番をしただけで調理には直接参戦してませんが)

20161011_img_9196

20161011_img_9198

六呂師でのキャンプは今回で3回目(ハロウィンは2回目)なのですが、いつも雨模様で、それこそ青空なんてみたことないっていう感じだったのですが(聞くところによると秋はいつも天気不安定らしい)、まさかの青空到来で夕焼けきれい。

20161011_img_9201

そしてお月さまも。

20161011_img_9202

 

2日目もハロウィンイベント盛り上がりました。2日目のほうが人が多かったですね。(参加した子どもの数は2日合計で250人くらいらしい)

前回のハロウィンキャンプでは甘いもの中心に用意した(飴+チョコ+ラムネとか)のですが、余った時にそれを食べるの大変だなっていうのと、結構似たような甘いものをたくさんもらってくるので、今回はちょっと趣向を変えてうまい棒なんかも用意してみました。4家族で参加したこともあって予算多めにうまい棒+さくさくぱんだ+飴という感じで。うまい棒なら余っても仕事中に食べるしね。もちろん、結構かさばるので運ぶのは大変そうでしたけれど。

夜はドリアとポトフであったまります。

20161011_img_9210

初日はそんなに寒くなくて夜まで半袖で過ごせたんですが、2日目はそんなことはなく、昼間でも長袖+WWDCジャケット的な感じ。夜は焚火のそばにいないと寒かったですね。自分的には珍しく寝る前にお風呂にはいりました。ここは24時間お風呂にはいれるので、あったまってから寝ようかと。

そうそう、星空すごかった。満天。天の川もうっすらと見えるくらいで感涙ものです。もともと星の見えるキャンプ場ってことでここを見つけ出したんですけれど、星はおろかいつも曇天で、初めて星を眺めることができました。

 

最終日も朝から青空が広がり、まさかの(ほぼ)乾燥撤収。「ほぼ」っていうのはさすがに結露がすごくて若干湿ったところが残っていたんですよね。こればかりは仕方ない。

itok_twit_2016-10%e6%9c%88-10

帰りはちょっと渋滞につかまりつつも3時間ちょっとで帰宅。ざーっと片付けして、打ち上げまでがキャンプです。

20161011_img_9211

ハロウィンキャンプはどうしても、イベント盛りだくさんなので、基本大人が調理する感じになってしまいますが、それでもしっかりと手伝うところは手伝ってもらったし、お風呂も勝手に行ってくれたりとか、子たちの成長を実感しますね。

最後にキャンプ場メモ。

  • 薪は販売していないので持参。今回は福井で現地調達しました。
  • ゴミは生ゴミだけ捨てられて、あとは持ち帰りなので注意
  • 遊具は特にはないので、遊べるものは持ってきたほうがいいかも。でもハロウィン中なら遊具なくても大丈夫そうでした
  • トイレは洋式
  • ハロウィンのお菓子はちゃんと人数分持ってくること。途中でなくなると子たちのテンションが・・・(うちはちゃんと余るくらい持っていったので大丈夫でしたけども

そんなこんなで今年最後のキャンプも無事に終わりました。今年はもう3連休ないのよね、残念(12月の連休はさすがにキャンプ無理w)。来年はどこにいこうかなあ。


朽木にキャンプに行ってきました

秋の3連休。もちろんキャンプに行きますよね。

とはいえ今回はいろいろとあって近場で。

宿泊施設 | グリーンパーク想い出の森

ちなみに今回は、台風近づいてきてたし、雨が大変なことになりそうだったので2泊の予定を1泊で帰ってきました。

数日前から天気が気になる感じで、当日朝までどうしようかという話になっていましたが、日々変わる予報と山の天気はさらにわからないということもあって、とりあえず行ってみようということに。

朽木はチェックインが15時と遅めなので、朝起きてからゆっくりと考えることができたっていうのもありますが。

途中で買い出しをして現地へ。1日目は雨が降ることもなくテントも無事にたちました。

20160920_img_9109-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

晩ご飯は定番のカレーと豚汁。

20160920_img_9110-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

20160920_img_9117-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

夜にかけてはのんびりと。

20160920_img_9118-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

20160920_img_9125-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

寝ている間にぽつぽつを雨が降り出して、朝起きるとちょっと小雨という感じ。

前日のカレーと豚汁を温めなおして、ご飯を新しく炊いて、それが朝ご飯。

20160920_img_9129-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

20160920_img_9130-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

このあたりから雨がほとんど止んでいる状態が続いたわけですが、昼過ぎから天気が下り坂になりそうなのとその後は翌日まで雨が続きそうだったので、さすがに大雨の中で撤収するのはつらいよねえということになり(台風来てるから、その後もしばらく雨が続きそうだし、それだとテントを乾かす暇が無いなあ、、、とか)、そんなこんなで昼ご飯まで食べて撤収することにしました。

(比較的近場なキャンプ場だったし、利用料が安いっていうところも、あきらるときの決め手になったかな)

といいつつ、お昼の食材(肉)を近くの牧場へ買いに行きます。

朽木の豊かな自然が育んだ宝物・宝牧場

そしてすき焼き。うまー

20160920_img_9131-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

おかげさまでテントはほぼ乾燥した状態で撤収できて(もちろんあとで干すけど)、最後のタープを畳んでいる頃に雨が降り出しました。

帰りは雨の中。特に京都はものすごく降ってましたね。レーダーをみるかぎりでは現地も結構降ってたみたいで、「あの雨の中は無理やわ〜」と親も子も納得の早めの撤収。

と、2泊の予定だったし、食材もたくさん余ってるし、ってことで残りの食材使って家でだらだらと合宿状態になりました。

これは2日目夜ご飯予定だったマカロニグラタン。

20160920_img_9134-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

リビングに寝袋持ち込んでみんなで雑魚寝。これはこれで楽しかったよね、と。

最後にキャンプ場メモ。

  • 薪販売あり
  • トイレは洋式と和式。多目的トイレ的なものは無し
  • ゴミは、燃えるゴミ、生ゴミ、ビン、缶、ペットボトルの分類で捨てられる
  • 今回は川遊びできなかったけど、近くに川があります
  • フリーサイトのほうが自由にキャンプ村が作れていい感じ。車をサイトの外に停めるタイプなので意外と広いです

次は10月の連休(あっという間だ)。恒例のハロウィンキャンプですね、楽しみ〜


福岡に帰省してきました

ちょっと前のことですけれどお盆休みということで父子3人で福岡に帰省してきました。

1日目

お盆まっただ中ということもあって新幹線は超満員。もちろん指定席で行きましたけれども、デッキだけじゃなく通路にも自由席の人たちがあふれてました。

子たちにとっては初めての経験、新幹線でご飯を食べるというミッションを無事に遂行し、毎度ながらに途中下車して博物館へ。

北九州市立いのちのたび博物館

今回のメインは恐竜展。なので常設展に立ち寄らずに恐竜だけを見てきました。

【夏の特別展】恐竜博2016 | 絶対に見逃せない恐竜がこの夏やってくる! 2016年7月〜9月、いのちのたび博物館にて開催される『恐竜博2016』の特設サイトです。

ティラノサウルスとスピノサウルスの全身骨格はなかなか迫力ありました。9月頭までやってますのでまだ間に合いますよ、と。

2日目

今年は前日ともに好天で、2日目は予定通り川遊びへ。

20160817_IMG_9019 のコピー

道中はものすごく暑かったんですが、それでも川にはいるとひんやり。

カニを探したり、小魚を探したり、今年も川遊びもこれでおしまいですかね。

3日目

特に予定を決めていなかったんですが、とりあえずラーメン食べたいっていうのがあったので「全国展開していない、家族連れで行きやすい、博多ラーメン屋さん」ってことで教えていただいたお店へ。

げんこつ – 野芥/ラーメン [食べログ]

偶然カウンターがあいていてほとんど並ばずにはいることができました。自分らの後ろには結構並んでた。

そして大変おいしくいただきました。

んで、そのあとは、船に乗る経験あんまりないからっていうそれだけでなんとはなしに能古島へ。

能古・姪浜航路:旅客航路のご案内

予想以上に船が混んでいてびっくりしました。家族連れほとんどいなくて、ほとんど若者グループ(あるいはカップル)ばかり。

バーベキューやらいろいろ楽しいらしいです。あと、↓こことかかな。

のこのしまアイランドパーク

僕らは船に乗ることが目的だったので、乗り場のまわりでちょっとのんびり過ごしてそのまま帰ってきました。なにしろ歩き回るには暑すぎたし。

4日目

高校のプチ同窓会があったので子連れで参加して、そのまま京都へ。

とりあえず「変わってないねー」「子供そっくりやねー」というのをみんなにいわれた感じ。

なんにしても懐かしいメンツで集まるのはいろいろと刺激もあっていいもんです。

1次会で退席しましたけれども、今度はもっとゆっくりできるといいな。

その他

Omoidoriを使って古いアルバムから写真をばんばん取り込んでみました。今回は自分の写真はほとんどなかったけれど、懐かしの良牙♀の写真があったので満足。

20160817_IMG_9039 のコピー

Omoidori(おもいどり) – iPhoneアルバムスキャナ

その他昭和30年代〜50年代の写真とかいろいろありました。これらが簡単にデジタル化できるっていうのはいいですな。

あ、ただ、アプリ内であらかじめアルバム作ってそこに取りこめるとかだったらもっといいのにな、と思いました。って、どこかにフィードバックしておこう。

そうそう、今回最大の新発見。Facebookには投稿していましたけれども

実家のiPhoneのぞいてみたら、そら案内入ってなかったんだけど、それどうなん!っと即座にインストールしたお盆の夜

ね、ほんとお願いしますよ〜w

そんなこんなで父子3人旅も無事に終了。みんな大きくなったので移動も楽になったもんです。


黒滝村みよしのにキャンプにいってきました

夏休み前の3連休。毎年恒例の夏キャンプにいってきました。

奈良・黒滝村 みよしのオートキャンプ場

奈良の山で川遊びしたい(させたい)という希望のもと、黒滝村・天川村近辺でよさそうなキャンプ場を探してみました。

僕らは基本複数家族でキャンプに行くので、複数のサイトが連結できないところは使えません。あと、サイトが狭いところも。そんなこんなで今回は黒滝村の御吉野へ。

夏のキャンプは寝袋いらない(少なめでいい)ので荷物少なめです。といってもクーラーボックス追加したし、椅子も追加したし、あと着替えいっぱいいるので結局そこそこの量になりますが。

20160719_IMG_8685 のコピー

なんと11時チェックインできるという嬉しいキャンプ場(普通は午後からが多い)なので朝早くに家を出て、吉野近辺のスーパーで買い出しをし、キャンプ場に向かいます。

日中のテント立てはほんま暑い。山の上のはずなのにね。風がほとんどなかったですからね。

あと、予約したC区画は上述のようにサイト連結可能なんですけれども、その分木陰がありません。というか、木陰のある場所もあるんですけれども、そのサイトが使えるかは運。

まあ、タープでしっかり村作りで来たのでできてしまえばしっかり日陰になりましたが。

20160719_IMG_8687 のコピー

昼は持参のおにぎりを食べて、さあ、川へ行こう!

キャンプ場から川へは場内に1ヶ所ある降り口から直接おりられます。階段を下りるとそこはひんやり冷たい川。

20160719_IMG_8693 のコピー

足つけるだけで汗もひきますね。

初日の晩ご飯は、家で仕込んできたタンドリーチキンを

20160719_IMG_8714 のコピー 

ご近所さんが新しく仕入れた焚火台用の釜で焼きます。

20160719_IMG_8715 のコピー

20160719_IMG_8716 のコピー 

めっちゃうまかった。

20160719_IMG_8717 のコピー

あとは定番のカレー。

テントの窓をしっかり開けていなかったこともありますが、夜も暑かった。窓を開けたら涼しくなりましたが、それでも風が無いからちょっと寝苦しかった・・・明け方には涼しくなるんですけどね。

2日目の朝はコーヒー飲んで昨日の残りのカレーを残ったチキンと一緒にいただきます。

20160719_IMG_8726 のコピー

この日の天気予報は時々雨っていうことだったので、雨の降らないうちにと朝の片付けが終わったらちょっと散歩。

近くにあるつり橋を渡ってきました。(写真うまく撮れなかった、というか子たちと渡ってる途中にカメラだす余裕はなかった)

黒滝吊橋

結構高くて緊張感ありました。最長級っていうのは渡ってから知りましたけれど。

橋から戻ってきてそして川へ。買っていったスイカも横で冷やします。

20160719_IMG_8729 のコピー

スイカをおいしくいただきつつ、

20160719_IMG_8863 のコピー

お昼は焼き鳥。串にさすところからがんばりました。

20160719_IMG_8866 のコピー 

20160719_IMG_8867 のコピー

あと、ひき肉のレタス巻も作りました。こっちは写真撮り忘れたけれど。

そういえばというか、まわりのテントはみんなバーベキューしてるんですが、うちらのキャンプでバーベキューすることってまずないんですよね。いまいち候補にも挙がらないというか。

管理棟に何度か薪を買いに行ったんですけれど「薪ってなにに使うんですか?」ときかれるぐらい。まあ、この夏の暑い時に薪で料理しようなんて人そんなにいないわなあ。あ、でもちゃんとガスコンロもあるんですよ。大物はかまどで薪で作るけど、他はガスで作ってます。ご飯とかもガスで炊いてるし。

と、さておき、昼からも特に降りそうな気配がなかったのでもう一度川へゴー。

そろそろ晩ご飯の準備をしに戻ろうかという頃になってついにぱらぱらと降ってきたので慌てて撤収。

それまで散々「湿度高いし早く降って欲しいよね〜」とか「降る降る詐欺やん」みたいなことを言っててごめんなさい。ものすごい豪雨となりました。

タープがあるので直接的に雨に濡れるとかはなかったんですけれども、あれよあれよと足下まで水浸し。

20160719_IMG_8870 のコピー

焚火台のところまで浸水してきたのは初めて。テントの前室も濡れてきたし(寝るところはもちろん無事)

そこからは降ったり止んだりで、止んでいる間に水もそこそこひいてくれたのでよかったですけれど、結局5時間くらいは雨に翻弄された感じ。

そんなかでもご飯はしっかりと作ります。

釜でドリア作ったり、

20160719_IMG_8872 のコピー

定番のポトフ作って、

20160719_IMG_8874 のコピー

そしてピザ。うーんどれもおいしかった。ドリアも定番化しそうな勢いです。

20160719_IMG_8877 のコピー

あまりに汗をかいたので、自分的には珍しいんですけれどもキャンプ場内のコインシャワーを浴びに行きました(普段、キャンプでは基本的にお風呂にはいらない)。さすがに汗臭すぎた。

寝るころには雨は止んでいたものの、いつまた降るかわからないという感じ(予報上は降らなさそうだったけど)で、テントも窓全開で寝るわけにも行かず、しかも風も全然なかったし、これまた結構寝苦しかった。こんだけ寝苦しかったのは夏のキャンプでも初めてでしたね。

結局夜のうちに雨は降らず、翌朝にはそこそこ天気も回復してきて撤収にはいい感じ。

ポトフの残りを朝ご飯に、ぼちぼちと撤収開始します。といっても、もともと11時チェックアウトなのを17時まで延長してもらっていたので、比較的のんびりと。まあ、早く片付けたほうが暑くなくていいんですけれど、なにせテントもめちゃくちゃぬれていたので乾燥させるのに時間かかりました。

20160719_IMG_8879 のコピー

お昼前に一段落して、最後の川へ。雨上がりで遊べないかなと思っていたんですが、ちょっと水かさが増えたかなという程度で水もきれいだったし流れもほとんど変わっていませんでした。結局4回川に遊びに来てますね。

最後のご飯は保冷材としても有効に使われた冷凍うどん。さっぱり食べてさあ帰りましょう。

連休ということでちょっと混んでいたりもしましたが、高速のってしまえばすんなりと帰れました。

もちろん、打ち上げまでがキャンプよね。次のキャンプの打ち合わせもしつつ。

20160719_IMG_8896 のコピー

そうそう、今回の新グッズとしては3人掛けの椅子を買いました。これまた写真撮り忘れたけど(子供が寝ころんでる写真はたくさんあったけど)。3人掛けだと小さい子ならそのまま寝ころぶこともできますし、子たちの席取り合いも減った感じ。ちなみに今回は大人用2脚と2人掛けと3人掛け1脚ずつ持っていきました。

あと、下の子たちもしっかりとお手伝いをしてくれるようになって、ご飯の準備から片付けまでいろいろやってくれました。ほんと大きくなったもんだ。

最後にキャンプ場メモ

  • 3種類の区画がありますがC区画だけが垣根がなく車の停め方も自由です。ただし木陰も期待できない
  • トイレは管理棟にあるのがメイン。男性用は洋式x2でした。(きいたところでは、女性用も2部屋しかないので子連れなら男性用に行ったほうがはやいかも)
  • ゴミは基本全部捨てられます。普通ゴミ+生ゴミ、ビン+缶+ペットボトルの2種類に分別
  • 薪販売あります。みんなあまり買ってなかったけど
  • 川に行くのは場内を通って、一番遠いC区画からでも徒歩5分くらいかと

次は9月の連休ですかね。


梅酒を漬けました

この家を建てた時の数少ない要望の一つ「梅のなる木が欲しい」、というわけで、毎年恒例の時期がやってきました。

去年の梅は不作でしたが、今年はそれなりにお世話もして、剪定したり、肥料をあげたり、虫を捕ったり。。。

おかげさまで花はいっぱい咲きましたけれど、思ったほどには実はつかなかったような・・・(春先にはメジロやウグイス、ムクドリなど鳥さんもいっぱいきてたのね

それはそれとして連休あたりからぽつぽつと実が落ちてくるようになったので、そろそろ収穫ってことで一気に収穫しました。いつもこれをあと伸ばしにしていて量が減るのよねえ。

20160509_IMG_8566 のコピー

あたりまえですが、梅の実は青い(緑)ので新緑の中にあるとなかなか目立ちません。いろんな角度から探しながらというのは1本の木とはいえ結構時間かかりました。

今年はこんな感じ。残念ながら1kgには及びませんでした。落ちたのも結構あったから、そこまで合わせると1kgくらいはあったかもね。

IMG_8569

豊作の時は2kg近くになることもあったから、去年よりは断然取れました(去年は収穫した梅でなんもできなかったほど)が、まだまだお世話が足らなかったかなあ。

ま、とにかく梅酒をつくりましょう。梅をあらって、ヘタを取って、乾かして、今回もブランデーベースのリキュールにつけることにしました。もちろん砂糖は少なめ。

IMG_8570

おいしい梅酒になるといいなあ。


高須町公園にキャンプに行ってきました

今年のGWのメインイベントはもちろんキャンプ。いつもならGWが初キャンプなのですが今年はすでに2回目なので心に余裕があります。

で、2年前のGWと同じ場所にお邪魔しました。(ある意味GWはなかなか場所がとれなくてここは比較的とりやすい、という話も)

高須町公園オートキャンプ場

というわけで、前回の記録を参考にしつつ、、、

松阪市高須町にキャンプにいってきました

今回は、フリーサイトを予約しました。フリーサイトといっても自由に場所を確保できるわけじゃなく、なんとなく場所が決まっている(ゆるい境界がある)という感じでした。

たいていのキャンプ場での「フリーサイト」はこのパターンが多いですね。ほんとにフリー(自由)なのは、自分の経験上はマキノくらいか。

薪があまり売っていないという経験も生かし、事前購入した薪も車に積み込んで出発。(いつも積み方忘れるので着替え積み込む前の状態を記録として)

20160506_IMG_8509 のコピー

高須町といえば、松阪、松阪といえば牛肉。なので、肉屋さん経由でキャンプ場に向かいます。

松阪肉(松阪牛)の朝日屋(一頭買)

渋滞を避けるべく朝7時に出発し、肉屋に着いたのが開店30分前の8時半。はやくつきすぎたと思ったけれども、すでに行列ができている・・・さすがGW。駐車場もすぐに埋まっていって、開店時にはものすごい人が。まあ、前から3-4番目だったのでそれほど難なく目的のお肉達を買うことができました。

そこからスーパーによって他の食材を買いつつ現地へ。

チェックイン(13時)まで2時間ほどあった(予定通り)ので、隣の公園(高須町公園)に車をとめて、持参のおにぎりとさっき買った肉屋さんのコロッケとメンチカツを食べます。

20160505_IMG_8510 のコピー

肉汁をたっぷり含んだコロッケがめちゃおいしかった。

12時半過ぎに受付に行ってみたら、チェックインできたのですんなりと中へ(まわりを見るとみんな早めにチェックインしていたみたいなのでそこら辺はかなりゆるい感じで、もちろん連休初日っていうのもありますけれども)。

上述のようになんとなく区画の決まっているフリーサイト。車はサイト内に停めるのではなくてサイトと道路をはさんだ向かいに停める形式。といってもそれほど距離があるわけじゃないからほとんど気になりませんでした。

偶然ながらトイレも炊事場も近かったけれど、この規模のキャンプ場ならどこのサイトでもそんなに遠いって感じはなさそうです。

強風の中、無事にテント設営完了。夜は雨が降るってことでしたし、かなり慎重にたてました。キャンプ場の人も何度か「風が強いんで気をつけてください」的なことを伝えて回っていました。

20160505_IMG_8521 のコピー

夜は早速松阪牛のすき焼きです。もうめちゃうまい。

IMG_8528

夜の雨はというと、寝る頃までにはそれほど強い感じになることもなく、もちろん風はかなり強かったんですがそこは経験値を重ねたおかげで雨風耐性もついてきたのでなんとかなりました。

定番の夜食も無事に。

20160505_IMG_8530 のコピー

寝ている間は強めに降っていたみたいですが(テントの中だとさらに強く感じるので実際のところは不明)、起きたら止んでいたのでよかったです。しかも風が強いおかげでテントもすぐに乾いていたし。

今回のテント村はこういう感じでした。

20160505_IMG_8531 のコピー

2日目の朝は、昨日の残りのすき焼きをご飯に。と、なんと、一緒に行ってるご近所さんがパンを焼いてくれました。朝から薪ストーブで焼いた釜焼きパン!なんてぜいたく!

20160505_IMG_8535 のコピー

そして今回のメインイベントである潮干狩りへ。

キャンプ場から歩いて10分くらいのところに海岸があります。前回きた時にはノーチェックだったのでちょっと砂浜に遊びに行く感じだったんですが、今回はちゃんと準備(潮干狩りの道具とか、子どもが濡れてもいいようにとか)していきました。

20160505_IMG_8537 のコピー

私は浜辺で小さい子たちと泥遊びをしていたので狩には不参加でしたが、全然採れないかもっていっていたわりには、結構採れたようで子たちも大興奮でした。

採れた貝は晩ご飯へのお楽しみにしつつ、お昼は定番のカレー。

20160505_IMG_8550 のコピー

晩ご飯は豪華に。

まずは、朝採った貝を使ったクラムチャウダー。(貝がとれなくても貝無しのクラムチャウダーの予定でしたが)

20160505_IMG_8552 のコピー

昼のカレーの残りを、これまた薪ストーブで作ったナンでいただきます。

20160505_IMG_8553 のコピー

そして牛とタケノコのご飯。

20160505_IMG_8555 のコピー

2日目も風は強かったんですが、雨の心配が無いというだけで全然気が楽でした。

最終日の朝はそれまでの残り物をいろいろと。主にはクラムチャウダーと牛タケノコご飯をいただきました。朝に前日の残りを食べるスタイルはほんとオススメです。

20160505_IMG_8561 のコピー

雨もなく、朝露もないのでテントを乾かす必要はほとんどありませんでした。なので撤収はすごく楽。順番に畳んでいけばいいだけって感じで。もちろん風は強いままだったので、そこのところに注意はいりましたけれども。

11時チェックアウトで、そのまま車の中でお昼をつまむ感じで一気に帰ります。連休最終日ということで、少し出遅れると渋滞につかまるかもしれないという不安もありましたが、無事に渋滞につかまることなくすんなりと帰ってくることができました。

片付けして、洗濯2回まわして、風呂はいって、余裕の最終日。もちろん打ち上げまでがキャンプです。残ったビールやおつまみをみんなでおいしくいただきました。

20160505_IMG_8564 のコピー

以下、恒例のキャンプ場メモ。

  • フリーサイトのほうが自由度高いのでオススメ
  • ゴミは分別して捨てられます
  • 身障者用トイレ(もちろん洋式)があり。他のトイレは和式
  • キャンプ場自体がこじんまりとしているのでトイレも炊事場もそんなに遠くない感じ
  • 場内にちょっとした公園と広場あり、道路はさんだ隣にも公園あり
  • 海岸へは徒歩10分程度。GWシーズンは潮干狩りでにぎわってます
  • 薪はほぼ買えないと思っていたほうがいいかも。ないことはないけれど在庫少なめ。まわりを見てもみんなバーベキューばかりで薪使ってる人少なそうだった
  • 海が近いこともあっておそらくいつも風は強め。そのつもりで装備しておいたほうがよさそうです

次は夏ですね。川遊びの予定なので楽しみ〜


GW前半戦

3連休が2つ続く今年のGW。後半は恒例のキャンプなのですが、前半も結構堪能しました。

百舌鳥古墳群

まずは堺市へ。

堺の古墳といえば仁徳天皇陵ですけれども、それはあまりにも大きすぎて堀に囲まれた大きな森にしか見えない(確か30年くらい前に見たことがあるはず)ということで、そこそこの規模で前方後円墳がわかるミサンザイ古墳を見てきました。

履中天皇陵古墳(ミサンザイ古墳・石津ヶ丘古墳・百舌鳥陵山古墳) 堺市

写真だとアレですが、手前が方墳で、奥が円墳です。んで、その途中にある出っ張りが造り出し。

20160501_IMG_8485 のコピー

この距離感で見えるのはなかなか迫力ありました。

あとは、仁徳陵横の堺市博物館で古墳群に関するシアターを視聴。

百舌鳥古墳群シアター:大型スクリーンでしか体感できない古墳群の雄大さ! 堺市

結局AもBもみて、ざっくりと古墳の成り立ちとかその時代背景を教えてもらいました。なんとなく知っているところでしたけれども新しい発見もあって面白かったです。GWということもあってか席は常に満員で。

古墳だけを見るよりこういう背景を知ると見る目も変わってくるし、いい経験でした。

若草山

そして次は奈良へ。

奈良は人が多かった。車で行ったんですけれども停める場所がなかなか見つからなくて、こういう時はやっぱりパークアンドライドをちゃんと考慮しておく必要がありましたね。

ハイキング気分で登るにはちょうどいい感じの山。といってもすごく気温も高かったし、途中木陰も少なかったので結構汗かきました。上のほうまでくると風が強くて暑さは感じなかったですが。

20160501_IMG_8496 のコピー

山の途中にしかはほとんどいませんでしたが、三重目(山頂付近?)まで来ると結構いました。

観光シーズンの鹿はあまり鹿せんべいを食べてくれないそうで(みんながあげるから常に満腹)、それでも山の鹿はそこそこ食べてくれたし、ちょっと触ることもできて子たちも満足。ちなみに帰り道の奈良公園付近の鹿はもうみんな満腹そうでした。

そんなこんなで前半戦終了。1日の休息(仕事)をはさんで次はキャンプへ。天気がうまい具合に行ってくれるといいなあ。


青川峡にキャンプにいってきました

というわけで今年初のキャンプです。キャンプシーズン到来!

いつもはこの時期にもくもくファームに止まっているんですが、今回は春キャンプにしてみました。

場所は人気の青川峡。

青川峡キャンピングパーク

どんだけ人気かというと、予約開始の夜中の0時にサーバがアクセス過多でつながらなくなるくらいの感じです。3月利用の予約ですでにこれですからねえ、、、(ちなみにここ3年ほどGWの予約にチャレンジしていますが一度も成功していない・・・)

さて今回は1泊です。1泊といっても、2日目はレイトチェックアウトを申し込めたので16時までゆっくりできました(実際は14時過ぎにチェックアウトしたけれど)。まあ、キャンプシーズンへのリハビリという意味では1泊ぐらいがちょうどいいかもですね。グッズのチェックもできたし。

チェックイン前の朝から子たちを「青川探検隊」に送りだしたあと、残ったメンバーで食材の買い出し。あとは横の公園で遊んでチェックインまで過ごしました。横の公園はキャンプ場利用者じゃなくても使えるので朝から移動してくるのにいい感じです。

イベント | 青川峡キャンピングパーク

半年ぶりといっても、4年目になるとテントたてるのも楽々です。

20160329_IMG_8395 のコピー

今回は小学生男子に彼ら専用のテントをレンタルしました。自分たちで立て、自分たちだけで泊まり、もちろん自分たちで片付ける。さすがに全く親の手が入らなかったわけではないですけれども、テントの中の秘密基地感は楽しかったようです。(左がレンタルしたテント、右がいとー家の)

20160329_IMG_8397 のコピー

晩ご飯は、薪ストーブで作ったピザと、

20160329_IMG_8403 のコピー

寒い時の定番ポトフ、

20160329_IMG_8408 のコピー

そして、ミートソーススパゲティ(食べ過ぎだw

20160329_IMG_8411 のコピー

あ、そういえば、夜食にラーメンも食べましたw(トムヤムクンのカップヌードル、おいしかった)

20160329_IMG_8413 のコピー

今回の新グッズとしての枕はいい買い物でした。めちゃコンパクト(右の小さい袋が収納時)だし、クッションもよくて寝やすかった。それとは無関係に寒かったけれど・・・

20160329_IMG_8410 のコピー

明け方に雨がぱらついていましたが、日が昇る頃には止んでいまして、嬉しい完全乾燥撤収。現地でしっかり干せてらくちん。

朝ご飯は定番となった前日の残り+ご飯。

20160329_IMG_8417 のコピー

レイトチェックアウトにしたおかげで、午前中はのんびりぼちぼち片付け。子たちは張り切って遊び回っていました。

そしてお昼にうどんを食べて、撤収。冷凍うどんは保冷材にもなるので便利です。

20160329_IMG_8419 のコピー

道中1時間半くらいでしたね。意外に近かった。混む時間帯とはずれていたのもあるかもですけれど。

家に帰ってきても、片付けが終わるまでがキャンプです。

いやいや、打ち上げが終わるまでがキャンプです。

20160329_IMG_8420 のコピー

打ち上げ(次回の相談)も完全に定番化。子たちも「今晩、打ち上げするんでしょ?」ってな具合に。残った食材とか飲み物をここで一気に消費して、キャンプは完全に終幕。

いつものキャンプ場メモ。

  • 薪は現地で購入可。その他キャンプグッズもたくさんおいてます
  • 炊事場は有料でお湯も使える。けれど今回は無料でも使えたのでシーズンによるのかも
  • トイレは洋式あり、ウォシュレット・暖房便座つき。ファミリートイレもあり
  • ゴミは分別で大型のもの以外ほぼ全部捨てられる
  • 上述のように隣接の公園はキャンプ場利用者じゃなくても使えます
  • テントは1サイトにつき1張りまで。なので、今回子たち用のテントをたてるために余分に1サイト借りました。おかげでめちゃくちゃ広かったけれど、このへん融通きくといいのになあ

回を重ねるごとに子たちは成長しているなあと思うわけで、前回ここにきた3年前はトイレに毎回付いて行ってたのにねえ、とかそんなことを話したりしていました。洗い物などのお手伝いもしっかりとやってくれるしね。

次はGWですね。ってもう1月後やん。今度は2泊なのでさらにじっくりと楽しみましょう。