第16回 日本マスターズオーケストラキャンプ 公開リハーサルを聴いてきました

去年に引き続き、全国のアマオケ奏者が集まって2泊3日で曲を仕上げる最終日。

今回は相方さん出演していなかったんですけれども、知りあいたくさんでてますし、家族みんなで聴きに行ってきました。

だって、N響メンバーの演奏がただで聴けるんですよ。これはいかなくちゃ。

曲目 モーツァルト ディベルティメント ニ長調
ハイドン チェロ協奏曲第1番 ハ長調
モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調
日時 2016年1月11日(月)
場所 京都府立府民ホールアルティ

20160111_IMG_8206 のコピー

ヴァイオリンからチェロまでほぼ10プルトずつ(ベースはやっぱり少ない)という大編成の元、ホールを埋め尽くす弦楽器の響きは圧巻でした。

もちろん、ソロはすごくよかった。日本トップ奏者の美しい音色にうっとりです。(横で寝たり起きたりの子たちに気を取られながら、、、ですが)

演奏会久しぶりに聴いて、楽器弾かないと、っていう気分が高まってきました。って、ほんと練習せねば。

そんなこんなで関係者のみなさまおつかれさまでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*