Fastagram

カメラロールの写真をInstagramに素早く投稿するiPhoneアプリ Fastagram v1.0.2 を公開しました

ちょっとした修正をいくつか。

変更点

  • バグ修正

URLスキームで起動されたときの挙動とか、最後にInstagramで開くところとか、その辺を修正しました。

5営業日内っていうのがかなり安定していていい感じです。(今、確認したところでは、新規で98%、更新で99%が5営業日内に終わってるみたい)

  1. 3/7: 提出
  2. 3/13 7:40: in review
  3. 3/13 9:11: 審査通過

まだの人も是非どうぞ。


カメラロールの写真をInstagramに素早く投稿するiPhoneアプリ Fastagram v1.0.1 を公開しました

iPhone5対応で、15枚表示が可能になりましたw

 

変更点

  • iOS6対応
  • iPhone5対応

こんな感じでサムネイルが15枚並びます。

まあ、それだけですけれど。

avail_on_app_store.png

こちらもiPhone5/iOS6対応ってことで審査が加速している感じ。スクリーンショット用意する関係で公開がちょっとだけ遅くなりました。

  1. 9/20: 提出
  2. 9/23 : in review
  3. 9/24 : 審査通過

まだの人も是非どうぞ。


カメラロールの写真をInstagramに素早く投稿するiPhoneアプリ Fastagram v1.0 を公開しました

これまたやっとでた新作です。

みなさん Instagram 使ってますか?僕はまあぼちぼち使ってます。

みなさん iPhone で写真撮る時はどのカメラアプリ使ってますか?僕は9割以上の写真を標準のカメラアプリで撮ってます。

標準カメラアプリを使うのはロック画面から起動できるから。つまり、iPhoneがどんな状態にあっても(パスコードロック中でも)ほぼ同じ手数でカメラを起動することができるからです。ハードウェアボタン使ってることもあって、手探りで起動できますしね、ポケットから出して、かまえた時にはカメラが起動している、みたいな。

で、写真は標準のカメラアプリで撮りまして、共有する時はだいたい拙作の PictShare でそのまま Twitter/Facebook に投稿するか、上述の Instagram に投稿します。

Instagram のアプリで、カメラロールの写真を使おうとすると、、、これが結構重い、というか面倒。写真にたどり着くのに時間かかるんですよね。ここをサクッといきたい。サクッと。

そんな思いで産まれたのがこの Fastagram です。(最近はやりのQuickシリーズにしようかと思ったんですが、こっちのほうが語呂が良かったんで。でも、この名前が使えるとは思わなかった)

Fastagramはカメラロールの写真を素早くInstagramに送るためのアプリです。起動と同時にカメラロールを表示することで、標準のカメラアプリなどで撮影した画像も簡単にInstagramに送ることができます。

Fastagram – for Instagram 1.0(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
販売元: itok – 啓 Ito(サイズ: 0.5 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(0件の評価)

デモ動画はこちら。

起動すると、最新12枚の写真が表示されます。(12枚っていうのはある意味適当ですが、正方形のサムネイルをスクロールなしに最大限並べた感じです。横4枚だと小さくてミスタップしそうだったので横3枚ってことで)

好きな写真を選ぶと編集モード。

拡縮とか回転とかできます。設定によっては、2本指での任意回転もできるので、適当に撮った写真でも Instagram でちょうどよいくらいの構図にすることができます。

んで「完了」を押したら処理がはじまって、Instagramメニューができるので、

これをタップすると Instagram が起動して、そこから投稿できる、っていうわけです。

単に写真を選択して投稿する場合、Instagramの投稿画面に到着するまでの時間は当社比で最大20%くらい速くなりました。

PictShareで同じことできないのかっていう話もあるんですが、Instagramは投稿するのに絶対公式のInstagramアプリを経由する必要があります。そうすると今のPictShareの枠組みから外れてしまうんですよね(無理じゃないけどかなり面倒、しかも複数写真同時に送れないし)。そんなわけで、別の専用アプリになってます。ついでに編集もできるしね。

これまた俺得なアプリだと思っていたんですけれど、意外に受けが良かった(かも)。早速いくつかのサイトで取り上げていただきました。感謝感謝。

無料ですし是非一度お試しくださいませ。

このアプリも思い立ってから公開するまでにずいぶんと時間かかっちゃいました。制作には3-4日だったんですけどね。多分、例によって、自作のアイコン(OmniGraffle + Pixelmetor)に一番手間取ったかも。気がつけば1月以上たってるじゃないですか・・・

  1. 7/26 : 提出
  2. 8/8 : in review
  3. 8/8 : リジェクト(またも2.12に違反するとかいわれた orz)
  4. 8/9 : デモ動画添付して再レビュー依頼
  5. 8/10 : in review
  6. 8/26 : リジェクト(アプリタイトル変更してっていわれた)
  7. 8/26 : タイトル変更して再レビュー依頼
  8. 8/28 : in review
  9. 8/30 : 審査通過

今回の教訓としては、単純なアプリほどちゃんとでも動画を作成しておいたほうがいいってことですね。どんなアプリか理解されないままにリジェクトされるのもったいない。ちなみにもともとは「Fastagram」だけだったんですが、なんかよくわからんけど「for Instagram」的な文言を追加しろってことだった(Instagram専用アプリであることを明示しろってことらしい)んで、最終的に「Fastagram – for Instagram」になりました。

ちなみに、本作で、itokブランドのiOSアプリは19本目になります(公私合わせた時の合計本数は、、、わからないけど多分90本くらい)。20本目はなんだろうな、実はもう提出してるんですけど、間に合うのかな。(というか個人で100本以上作ってるらっきーさんやっぱりすごいよね)