1Passwordを通知センターから起動するためだけのアプリを作ってみた

最近、というわけでもなくiOS5になってから、通知センターを使ったランチャー系のアプリが結構たくさんでているように思います。一時期はそういう使い方をしているとリジェクトされていたようにも思うんですが、最近はどうなんでしょうね。

それはさておき、僕自身はそこまでランチャーにこだわることはないのですが、ただ1つだけ、どこからでも簡単に起動できて欲しいアプリがあります。

それが 1Password です。

1Password Pro 3.6.5(¥1,300)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: AgileBits Inc. – AgileBits Inc.(サイズ: 9.5 MB)
全てのバージョンの評価: (1,710件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

パスワード管理についてはいろんな考え方があると思いますが、自分の中では、「サービスごと」に「覚えられないような難しいパスワードを設定する」のが今の方針です。そんなわけでこのアプリは絶対必須。

なんですが、いろんなアプリを立ち上げている中で、パスワード入力のたびにホームに戻って1Passwordを探して起動するのは結構面倒。かといって、Dockに入れるほどのものでもないし・・・

というわけで、通知センターの登場です。

いつものように、最初は既存のアプリで、って思ったんですよ。でもね、どのアプリが使いやすいのかとか、設定方法はどうするのか、とか考えるだけで面倒くさい。専用のアプリならあっという間に作れるはず。

ってことで、作ってみました。工数多分20分くらい。

ついでにgithubにも置いてみました。

itok/1PassLauncher

通知センターはこんな感じになります。アプリを起動するたびに通知を設定し直すようにしています。(本当は、誤って履歴を消してしまった時のために、定期的に通知したほうがよいのかもしれませんけれど、そこはご自由に)

通知設定をこうしておけば、なにごともなかったかのように通知センターにだけ項目が存在している形になります。(アプリ名は 1Password. としてます。アイコンも一緒だし、わかりにくいw)

これでどのアプリにいても、すぐに1Passwordが呼び出せるようになって満足満足。