sugarsync

写真投稿iPhoneアプリ PictShare v3.2.4 を公開しました – バグ修正など

しばらくバグ修正が続いてますね。

変更点

  • [SugarSync] フォルダ一覧取得時にログインが必要になるのを修正
  • 送信後に落ちる問題を修正
  • 細かいバグ修正

送信後に落ちるのが直ったことでかなり安定したんじゃないかと思うのですが、どうでしょうか。

現在の対応サービスはこんな感じです。

  1. DropBox
  2. Evernote
  3. Facebook
  4. Flickr
  5. mixi
  6. Picasa
  7. Posterous
  8. SmugMug
  9. SugarSync
  10. Tumblr
  11. Twitter
    1. Twitter公式
    2. Twitpic
    3. yfrog
    4. Lockerz
    5. Mobypicture
    6. TwitVid
    7. ついっぷるフォト
  12. YouTube
  13. はてなフォトライフ
  14. フォト蔵
  15. メール(直接メール送信)

なんか早くなってますね。週の頭に出して、週末に公開できるっていうのはいい傾向です。

  1. 1/8 提出
  2. 1/11 12:10 in review
  3. 1/12 0:04 審査通過

みなさん是非お使いくださいませ。


写真投稿iPhoneアプリ PictShare v3.2.1 を公開しました – 標準写真アプリのトリム対応など

iOS5になってからずっと先延ばしにしていた問題にようやく対応しました。

変更点

  • [Twitter] API v1.1に対応
  • [SugarSync] 新認証方式に対応
  • 写真アプリでのトリミングが反映されない問題を修正

今回のメインは標準写真アプリでのトリミング対応になります。iOS5から標準の写真アプリで簡単な編集ができるようになりました。

こういう感じのやつですね。

ここで編集した写真をPictShare経由で送信すると元の画像が送られてしまうっていう問題だったんですが、それにようやく対応しました。(技術的な話は後述)

現在の対応サービスはこんな感じです。

  1. DropBox
  2. Evernote
  3. Facebook
  4. Flickr
  5. mixi
  6. Picasa
  7. Posterous
  8. SmugMug
  9. SugarSync
  10. Tumblr
  11. Twitter
    1. Twitter公式
    2. Twitpic
    3. yfrog
    4. Lockerz
    5. Mobypicture
    6. TwitVid
    7. ついっぷるフォト
  12. YouTube
  13. はてなフォトライフ
  14. フォト蔵
  15. メール(直接メール送信)

審査期間はだんだん短くなっているようです。公式アナウンスとしても8営業日から7営業日に減っていていい傾向ですね。

  1. 11/4 提出
  2. 11/10 4:17 in review
  3. 11/10 7:48 審査通過

みなさん是非お使いくださいませ。

技術的なお話

たまには技術的なお話でも書いておきましょう。

標準写真アプリでのトリミングはオリジナル画像を直接編集するのではなく、メタデータを編集するだけの仕様になっています。これは実際にMacのプレビュー.appなどをつかってiPhoneから写真を吸い出すとわかるのですが、トリミングしたはずの写真でも、オリジナルの写真がそのまま取り出せてしまいます。

iOSのAPI的にはUIImagePickerを使うと編集後の写真にアクセスできますが、AssetsLibrary経由ではオリジナル画像になってしまいます。

これについて一度バグ報告を上げたことがあるのですが、その回答は「メタデータを見てくれ」と言うものでした。

ちなみにこのメタデータ。XMPっていうフォーマットでして、アドビが制定している仕様に基づいています。

Extensible Metadata Platform – Wikipedia

これは、実際にトリミングしたはずの元画像をバイナリエディタなんかで開くと確かに中にXMLが埋まっているのが確認できます。

XMPについてはSDKが提供されているので、それ経由で読み書きが可能です。

Adobe – XMP Developer Center | Adobe Developer Connection

が、それ、面倒くさいな〜と思って今まで先延ばしになっていたのでした。

ところがよくみてみると、AssetsLibraryの [ALAssetRepresentation metadata] で取得できるデータ群の中に @”AdjustmentXMP” という項目があるではないですか!ここにまさに上述のXML文字列がそのまま埋まっていたのです。

そんなこんなで、XMLは無事に取得できまして、各項目を取り出して、それを元にトリムを再現して(これまた画像の回転とからんで結構ややこしかった)、、、と、対応することができました。

というわけでちょっとしたメモでした。


写真読み込み Mac アプリ DropPict v1.0 を公開しました

初のMacAppStoreアプリがついにでました。

その名も DropPict

なんか、聞いたことのあるようなないようなそんな名前ですが、こんなアプリです↓(Storeからの引用)

DropPictは指定フォルダに追加された画像を自動で iPhoto か Aperture に取り込むアプリケーションです。Dropboxなどのクラウド上のフォルダを指定することで簡単にiPhotoやApertureに写真を読み込むことができます

# 本アプリケーションには iPhoto か Aperture が必要ですので注意してください。

●使い方
1. 設定画面で、監視対象のフォルダと取り込み先のアプリケーションを設定します
例)Dropbox内の写真フォルダ
2. 画像を指定フォルダにいれます
例)iPhoneからDropboxに転送
3. 指定されたアプリケーションが自動的に画像を読み込みます

# 本アプリケーション起動後に指定フォルダに追加された画像だけが読み込む対象になりますので、ログイン項目ヘの追加をおすすめします

動作確認環境 : iPhoto v8 / v9.2.1, Aperture v3.2.2

これだけではアレなので、動画もどうぞ。

要するに、設定したフォルダに入った写真を自動的にどんどんiPhotoとかApertureに取り込むアプリです。

たとえば、iPhone(もちろんAndroidでもいい)で撮った写真をPictShareなんか(いや、もちろん別のアプリでもOKですよw)でDropboxなりに送ると、Mac側で勝手に取り込んでくれます。

指定されたフォルダに入ればいいだけなので、別にスマートフォンから送る必要があるわけじゃなくて、とにかく使い方はさまざまだと思います。NAS上の共有フォルダを指定して、別のマシンからのコピーに使ってみたり、そんなことも出来ます。

で、仮にiPhoneに話を限定した時、フォトストリームと何が違うかって?えーと、一手間かかりますけど、写真を選択することが出来ますよ、と。iPhoneの中だけにあればいい写真っていうのもありますよね。別にバックアップする必要もないような、かといって消すのも面倒くさいような。そういうのまで勝手にフォトストリーム経由で同期されてもなあ、ということもあるわけで、自分で写真を選んで、それを無線で取り込む。そんなこともできるアプリです。(もちろん利用シーンは選ぶので、フォトストリームでも全然問題ない、という人には特にお勧めはしないですけどね)

このアプリ、きっかけはPictShareのユーザさんからの要望(しかもiOS5よりずっと前)だったのですが、先延ばしになっていて、ようやく実現できました。

動作環境としては、OS X 10.7以降、iPhotoなら8以降(9.2推奨)、Apertureなら3.2以降でお願いします。Snow Leopardヘの対応をどうしようかと思っていたんですが、そんなことを言っているうちに10.8が今夏ということらしいので、まあ10.6は非対応ってことで。(あ、もちろん、アイコンはメタ・グラマー製。いつもありがとうございます)

DropPict 1.0(¥170)App
カテゴリ: 写真, ユーティリティ
販売元: itok – 啓 Ito(サイズ: 0.5 MB)

もともとMacアプリの開発者なので、それ自体はいいんですが、Storeに出すのははじめてだったのでちょっとドキドキしました。なのに爆速で審査通過してびっくりです。

  • 2/16 4:14 提出
  • 2/17 6:26 in review
  • 2/17 10:15 審査通過

自分で言うのもなんですが、なかなか便利やと思いますんで、みなさん是非どうぞ。


写真投稿iPhoneアプリ PictShare v2.5.1 公開しました – iOS5対応

もうすぐ公開されるiOS5に対応しました。

変更点

  • iOS 5対応
  • YouTubeのURLを修正

iOS 5に関しては一通りチェックしたつもりではありますが、もしなにか問題があれば報告していただけると助かります。多分大丈夫だと思いますけれど。

avail_on_app_store.png

現在の対応サービスはこんな感じです。

  1. DropBox
  2. Evernote
  3. Facebook
  4. Flickr
  5. mixi
  6. Picasa
  7. Posterous
  8. SmugMug
  9. SugarSync
  10. Tumblr
  11. Twitter
    1. Twitter公式
    2. Twitpic
    3. yfrog
    4. Lockerz
    5. Mobypicture
    6. TwitVid
    7. ついっぷるフォト
  12. YouTube
  13. はてなフォトライフ
  14. フォト蔵
  15. メール(直接メール送信)

iOS 5対応にてものすごく早かったですね。

  1. 10/7 提出
  2. 10/7 in review
  3. 10/8 審査通過

みなさん是非お使いくださいませ。


写真投稿iPhoneアプリ PictShare v2.5 公開しました – PhotoAppLink対応

最近話題のPhotoAppLink対応です。

変更点

メール送信バグについてはほんと申し訳ありませんでした。まさかそんなデグレをしようとは。

さて、PhotoAppLink、簡単にいえば、写真に関する処理(主に編集処理)を分担しましょうよ、ってコンセプトの枠組みです。色を調整したいならこのアプリを使えばいいし、エフェクトかけたいならこのアプリ、っていう具合に、対応しているアプリが入っていれば簡単に写真データをアプリ間で受け渡すことができます。

PictShareだと、

ここをタップすることで、対応アプリを呼び出せます。こんな感じで。

まあ、とはいえ、写真を選んで→編集→呼び出しっていうのはちょっと手間ですよね。この辺はやはり投稿専用アプリなんで仕方ないところもあるというかなんというか。ですが、このアップデートの本質はそこではないのです。

たとえば、ColorSplashで加工した画像を

[Share/Send image]→[Send to app]とすすんで、

PictShareを選択すると。

ほら、これで好きなところに送信できるようになります。めっちゃ便利でしょ。

もちろん、PictShareとの密な連携がとりたい場合はPictShare独自のアプリ連携の仕組みを使うと便利なのですが、PhotoAppLinkは対応アプリがどんどん増えています(ちょうど昨日、あの「TiltShift Generator」も対応しました)ので、かなり使い勝手が向上しそうです。

avail_on_app_store.png

現在の対応サービスはこんな感じです。

  1. DropBox
  2. Evernote
  3. Facebook
  4. Flickr
  5. mixi
  6. Picasa
  7. Posterous
  8. SmugMug
  9. SugarSync
  10. Tumblr
  11. Twitter
    1. Twitter公式
    2. Twitpic
    3. yfrog
    4. Lockerz
    5. Mobypicture
    6. TwitVid
    7. ついっぷるフォト
  12. YouTube
  13. はてなフォトライフ
  14. フォト蔵
  15. メール(直接メール送信)

イベントのせいなのか、iOS 5が近づいてきたからなのか、ちょっとだけ早かったです。

  1. 9/30 提出
  2. 10/4 in review
  3. 10/5 審査通過

みなさん是非お使いくださいませ。


写真投稿iPhoneアプリ PictShare v2.4.1 公開しました – バグ修正

1月ぶりですが、今回はバグ修正メインです。

変更点

  • 写真選択時に落ちることがある問題を修正
  • [Posterous] 安定性の向上
  • 細かいバグ修正

さすがに安定期に入ってきたかなと思いつつも、まだまだバグがあってあなどれないです。ご不便をおかけして申し訳ないです。

avail_on_app_store.png

現在の対応サービスはこんな感じです。

  1. DropBox
  2. Evernote
  3. Facebook
  4. Flickr
  5. mixi
  6. Picasa
  7. Posterous
  8. SmugMug
  9. SugarSync
  10. Tumblr
  11. Twitter
    1. Twitter公式
    2. Twitpic
    3. yfrog
    4. Lockerz
    5. Mobypicture
    6. TwitVid
    7. ついっぷるフォト
  12. YouTube
  13. はてなフォトライフ
  14. フォト蔵
  15. メール(直接メール送信)

そういえば、先日、何がトリガーなのかわからないのですが、瞬間的にものすごいDL数を記録したことがありまして、こんな記念ショットが撮れました。

その4-5時間前には総合で200位圏外(500位台)だったのに、いきなり総合24位に入ってきたので、ほんとに瞬間的にDL数が伸びたんでしょうね。原因は結局わからなかったのですが、TLをみているとひょっとしたら視聴者の多いUSTで紹介されたのかもしれません。

ほかのアプリでもそうですが、6日でin reviewになり7日目に審査通過、っていうパターンがほとんどになってきましたね。

  1. 9/22 提出
  2. 9/28 in review
  3. 9/29 審査通過

みなさん是非お使いくださいませ。


写真投稿iPhoneアプリ PictShare v2.4 公開しました – Twitter公式画像投稿対応

pictshare

1月ぶりの更新ですが、APIがでましたので早速対応させてもらいました。

変更点

  • Twitter公式の画像投稿 (pic.twitter.com) 対応

1点だけ注意事項があります。もともとのTwitterの制限事項なのですが、同じツイートを連続で投稿するとエラーになることがあります(というかほぼ間違いなくエラーになります)。この公式画像投稿APIでは画像のURL部分はツイートの文字列としては比較対象になっていないっぽくて、複数の画像に対して同じコメント(あるいは全部コメントなし)で連続投稿すると同じツイートを連続で投稿したとみなされてエラーになってしまうのです。この点に関しては中の人とやり取りをしたんですけれど、まあTwitterの方針というやつですね。実際「なんで、別の写真に同じコメントつけてツイートする必要があるんだい?」的な返事でしたし。

もちろんそれでは不便なので、もし同じコメント(あるいは全部コメントなし)で複数画像を投稿しようとしたら↓こんなふうにきいてきて、自動で連番(1,2,3…)をツイートに付与するようにしました。

pictshare_v240

連番をつけて投稿すると↓こんな感じになります。

pictshare_v240_timeline

Twitterヘの投稿の場合、複数写真をまとめて投稿するシーンは比較的少ないとは思いますが、この点はご理解頂ければと。

テストでいろいろと投稿してみた感じでは、さすがに公式というだけあって反応もよいように思います。内部的にも1回の通信で全部すんでいるので当然といえば当然ですが。PictShareとしてもTwitterでのデフォルトサービスはもちろん公式にさせてもらいました。とはいえ動画の投稿はできないですけどね。

avail_on_app_store.png

現在の対応サービスはこんな感じです。

  1. DropBox
  2. Evernote
  3. Facebook
  4. Flickr
  5. mixi
  6. Picasa
  7. Posterous
  8. SmugMug
  9. SugarSync
  10. Tumblr
  11. Twitter
    1. Twitter公式
    2. Twitpic
    3. yfrog
    4. Lockerz
    5. Mobypicture
    6. TwitVid
    7. ついっぷるフォト
  12. YouTube
  13. はてなフォトライフ
  14. フォト蔵
  15. メール(直接メール送信)

久しぶりの申請でしたが、特に問題もなく。ただ、今回はready for saleのメールが来てからストアを見にいったらすでに反映されていてこれはこれで早すぎてびっくり。

  1. 8/20 提出
  2. 8/24 23:41 in review
  3. 8/25 3:02 審査通過

みなさん是非お使いくださいませ。


写真投稿iPhoneアプリ PictShare v2.3.2 公開しました – 不具合修正

pictshare

ユーザのみなさん、またまたご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

変更点

  • アップロードの進捗バイト数を表示
  • [Evernote] アップロード進捗を表示
  • [SugarSync] 安定性の向上
  • [DropBox] スペースを含むフォルダにアクセスできない問題を修正
  • [Facebook] グループへの動画投稿ができない問題を修正
  • [Fix] バックグラウンドで送信できない問題を修正
  • [Fix] 動画送信時に落ちることがある問題を修正
  • [Fix] 回転させた画像を送信すると落ちることがある問題を修正

例の通信ライブラリ差し替えによる一連の不具合もこれでかなり解消されたのではないでしょうか。

また、今まではプログレスバーだけでアップロードの進捗を表示していたのですが、10MBを超えるような動画をアップロードしていると進捗具合がわかりにくかったので、バイト数を表示するようにしました。それに伴って、EvernoteではSDKの都合で表示されていなかったプログレスバーも表示させるようにしました。これで少しは見た目に分かりやすくなったと思います。

今回の不具合修正では、現象解明のために多くのユーザさんとやり取りをさせていただきました。根気よくつきあってくださいましたユーザのみなさん、どうもありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。

avail_on_app_store.png

現在の対応サービスはこんな感じです。

  1. DropBox
  2. Evernote
  3. Facebook
  4. Flickr
  5. mixi
  6. Picasa
  7. Posterous
  8. SmugMug
  9. SugarSync
  10. Tumblr
  11. Twitter
    1. Twitpic
    2. yfrog
    3. Lockerz
    4. Mobypicture
    5. TwitVid
    6. ついっぷるフォト
  12. YouTube
  13. はてなフォトライフ
  14. フォト蔵
  15. メール(直接メール送信)

審査に通過したのは7/22だったんですけれど、実際にストアに反映されるまでに24時間以上かかってましたね。そういうこともあるようですが、かなりどきどきしてしまいました。

  1. 7/19 提出
  2. 7/21 in review
  3. 7/22 審査通過(Storeにでたのは7/23)

みなさん是非お使いくださいませ。


写真投稿iPhoneアプリ PictShare v2.3.1 公開しました – 不具合修正

pictshare

DropBoxユーザのみなさん、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

変更点

  • [DropBox] 日本語(マルチバイト)フォルダにアクセスできない問題を修正

厳密にはマルチバイト云々というよりはURLエンコードまわりの問題でした。いずれにしてもどうもすいませんでした。

avail_on_app_store.png

現在の対応サービスはこんな感じです。

  1. DropBox
  2. Evernote
  3. Facebook
  4. Flickr
  5. mixi
  6. Picasa
  7. Posterous
  8. SmugMug
  9. SugarSync
  10. Tumblr
  11. Twitter
    1. Twitpic
    2. yfrog
    3. Lockerz
    4. Mobypicture
    5. TwitVid
    6. ついっぷるフォト
  12. YouTube
  13. はてなフォトライフ
  14. フォト蔵
  15. メール(直接メール送信)

まだいくつかの不具合報告を受けているので、しばらくはその対応ということになりそうです。

修正版の申請はどきどきしますね。以前みたいにスパッと通るとよいのですが。まあ週をまたいでいるので仕方ないのですけれど。

  1. 7/9 提出
  2. 7/12 in review
  3. 7/13 審査通過

みなさん是非お使いくださいませ。


写真投稿iPhoneアプリ PictShare v2.3 公開しました – YouTube/SmugMug対応

pictshare

ついにきました。YouTube対応!

変更点

  • YouTube対応追加
  • SmugMug対応追加
  • 任意の解像度を指定できるように
  • 通信ライブラリを総入れ替え (ASIHTTPRequest使用)
  • [Facebook] ログインセッション改善
  • [Fix] 細かなバグ修正

お待たせしました、って感じでしょうか。本当はVimeoにも対応したかったんですが大人の事情で見送ることになりました。もし期待していた方がおられましたらすいません。SmugMugについては、海外のユーザさんからの要望に応えた形になります。結構いいサービスですよ、有料しかないですけれど。

前回よりはじまった通信まわりの大工事は、このバージョンで終了しています。今までは、自前のライブラリでやりくりしてたんですが、有名なASIHTTPRequestに全部置き換えました。そのせいもあって、多少は安定するようになったんじゃないでしょうか(一部で、動作が早くなった、という声も聞いていますが、おそらくはココが要因なのではないかと)。

ただ、その工事のせいでDropBoxの日本語フォルダ(正確にはマルチバイト名フォルダ)にアクセスできない問題が見つかっています。早急に対応中ですので今しばらくお待ちください。すいませんです。

あ、あと、増えゆく解像度設定の要望に応えるべく、ひそかに任意の解像度を指定できるようにしています。

20110709022044

この「カスタム」を選べば好きな解像度を指定できるようになってます。

avail_on_app_store.png

現在の対応サービスはこんな感じです。

  1. DropBox
  2. Evernote
  3. Facebook
  4. Flickr
  5. mixi
  6. Picasa
  7. Posterous
  8. SmugMug
  9. SugarSync
  10. Tumblr
  11. Twitter
    1. Twitpic
    2. yfrog
    3. Lockerz
    4. Mobypicture
    5. TwitVid
    6. ついっぷるフォト
  12. YouTube
  13. はてなフォトライフ
  14. フォト蔵
  15. メール(直接メール送信)

自分でいうのもなんですが、なにがこんなに駆り立てたんでしょうw

さすがにそろそろ落ち着いてきたかな、とは思いますけどね。使い勝手の面でいくつか要望は頂いているのでぼちぼちと対応していこうと思ってますが、全力疾走期間はそろそろ終わりなのかもしれません。はてさて、どうなりますことやら。

審査はちょっとゆっくりになってきたかも。まあ、それでも1週間かかってないんですけどね。

  1. 7/4 提出
  2. 7/6 in review
  3. 7/8 審査通過

みなさん是非お使いくださいませ。