自炊

自作アプリの掲載誌を整理しました

自炊的なことをはじめてみてから、ようやく本腰いれて過去の掲載誌を全部裁断、スキャンしてみました。あ、全部っていうのは言い過ぎか、最近の何冊かはまだそのまま置いてますね。

最近はすっかりiOSアプリのプログラマですけれど、昔は普通にMacのアプリを作っていたなあという自分史を振り返っているようでした。今でもdeveloperプログラムにさえ登録すればアプリが作れて公開できる!っていう環境ですけれど、それこそAppStoreという垣根がなかった分、誰だって無料でアプリを作って公開することができたんですよね。Xcodeだってタダでしたから。

過去を振り返ると、多分この頃(2002年の春)からMacのコードを書いているっぽい。ちなみもちろん完全に独学です。Cとかは研究で使っていたけど、mallocの意味もわからなかったほどで、会社に入って初めて勉強したしね。(そういや、そもそも就活で内定もらったMac系の会社で「Cocoaのコードとか書かないの?」って社長と盛り上がったのがきっかけで書きはじめたんだよねえ)

んで、記念すべき雑誌掲載一号はこれでした。

ちなみに載ったのは「Diana」。iOSアプリじゃないですよ、Mac版のDiana。

ほかにも月読君(もちろんMac版)とか、RSSリーダーとか、カレンダーソフトとか、いろいろ載ってたんですよねえ・・・

と、いうわけで、集計してみました。

細かいところはいいとして、

  • 月系 (Dianaとか月読君とか) : 5回
  • CloCalX (デスクトップカレンダー、前身のCloCal/CloCal Pro含む) : 11回
  • Ensemble (RSSリーダー) : 7回
  • その他諸々

って、感じになってました。Ensemble懐かしいねえ。Lionになるまでは普通に使ってましたね。自分の操作感にピッタリで、ってまあ、自分用に作ったから当たり前なんですけれど。

んで、気になったのがやっぱりCloCalX。これは完全に現役。

なんとかしたいよねえ、と、もちろんそのままでもMacAppStoreに出せそうな気もするんだけど、今のままだと日本専用だしねえ、とか思っているうちに時間が過ぎている今日この頃です。

ちなみにスキャンした掲載誌は、表紙と掲載ページだけを抜き取って一冊のファイルにまとめています。これをたまに見返すことが開発の活力の元になるんじゃないかなって思ったわけで。

って、なんだかよくわからないエントリになってきましたが、要は、本棚がすっきりしてよかったよかった、という話でした。自炊いいよ自炊。


自炊的なことをはじめてみた

「自炊」といっても食べ物のことじゃないです。ええ。食べ物のことだったら、それこそ学生時代にはじめてますからね。

iPadがでてから電子書籍云々で一気に広がりを見せた自炊という文化。持ってる書籍をばらしてスキャンして取り込むだけといえばそれまでですが、裁断機を買う人が増えたり、裁断のサービスが乱立したりとそんな今日この頃。

いとー家で自炊の世界に一歩を踏み出したきっかけは簡単。保存はしておきたい、でも置く場所は取りたくない、そんな書籍があったから。なので、読むために自炊しているというよりは、デジタルアーカイブとしての自炊って感じでしょうか(どこが違うんだといわれてもアレですが、まあ、ニュアンス的なところで)。

当然、自分で裁断する気などさらさらありません。だって、最初にターゲットになったモノが厚さ5cmとかある(だから置く場所が気になる)んですもの。

なので、裁断サービスを探してみて、最終的に使ってみたのがココ。

なんていうか、価格競争もずいぶんと進んでいるようですが、値段や初回パックのお手軽さもさることながら、書籍の厚みによる制限も追加料金もないっていうのが一番の決め手でした。といっても、そんなにくまなくあまたのサービスを比較したわけじゃないですけれど。

おそらくどこのサービスも同じとは思いますが、

  1. Webで申し込む
  2. 支払い(ココが振り込みにしか対応していないのが残念、ほんとに残念←代引きならカード使えるんですけどね)
  3. 送る
  4. 裁断されて戻ってくる

こんな感じの流れでした。逐次、メールで進捗が送られてくるのでそれは印象よかったです。ちなみに、6/29に申し込んで、6/30に発送して、7/1に裁断されて発送されて、7/2に届いたという感じ(実際には不在だったので7/3に受け取った)。まあ、はやいですよ。こちらから発送した翌々日には戻ってきているわけですから。そうそう、今回は初回パックで20冊お願いしました。当初の目的であったものに加えて、古い雑誌とかそのへんおりまぜて20冊、送料込みで1500円。

さてさて、そんなわけで、無事に裁断されてきたので、それをスキャンしましょう。

スキャンといえばScanSnapです。もともとS1100はもっていたんですけれど、結局このためにS1300を買い増ししてしまいました。なんか、安くなってたんでね。

B002X492PK FUJITSU ScanSnap S1300 FI-S1300
富士通 2009-11-21

by G-Tools

ざーっと雑誌を2冊ほどスキャンしてみましたが、まあ早いですし、便利なものです。1度に10枚までしかスタックできないので、こまめに追加していかないと行けないというのはありますけれど、それでも便利な世の中になったものです。

スキャンしたものをローカルにおいて、DropBoxにもコピーして、あとはバックアップ的にS3にでもおきますかね。って、みなさんは裁断されたオリジナルはどうしているんでしょうね。当初の目的からいえば処分する流れになるんだと思うんですけれど。

デジタルアーカイブっていう意味では、しばらくは、ずっと保存してある自作アプリの掲載誌とか、料理雑誌(iPadにまとめていれておけば便利ってことで)とか、そのあたりをスキャンしていこうかなと思ってます。