中秋

というわけで、月好きにとって一年最大のイベント、中秋です。

さて、今年の中秋は今日9/15ですが、満月は9/17ということになっています。

で、「なんで中秋と満月の日が違うの?」っていう話題になりましたので、ここでざっくりと蘊蓄をたれておこうかと。(蘊蓄のくせに間違ってたらごめんなさい)

中秋の名月って?

旧暦8月15日の月を中秋の名月といいます。

暑すぎず?寒すぎず、この季節の月が月を愛でるのにちょうどよかったんですかね。

ちなみに京都だと、日の入りが18時で月の出が17時なので、日没前から月が上がりはじめて、ちょっと明るいくらいの夕暮れ時に東の空にどかーんと月が見えます。これが圧巻です。

昇りはじめの月はいいよね、やっぱり。その意味ではこの時期から冬にかけての月はほんといい感じ。

満月って?

ここでの満月は、天文学的な計算に基づくもの、になっています。

月と太陽の黄道に対する角度「黄径」の差「黄径差」が180度の時を満月(望)と定義しています。

ちなみに0度を朔(新月)といいます。

黄径差が0→360度と一周するのが30日ではなくて29.5xxx日になっていて、この微妙な違いが旧暦と西暦の微妙な違いを生み出します。

で、この望とか朔とかは、その瞬間をさしているので要注意。普段何気なく「今日は満月」といってますが、厳密には「満月の瞬間を含む日」ということになります。

旧暦って?

日本でいう旧暦は太陰太陽暦といいますが、まあ、難しい話はおいておいて、上の朔の日を1日と定義します。

次の朔がくるまでがその月になるので1ヶ月は29日だったり、30日だったりします。で、日数を調整するために閏月を挿入しますが、その話は今回は関係ないのでさておいて。

ずれの原因

朔を含む日を旧暦の1日とし、そこからカウントして15日が旧暦の15日。でもその日が黄径差180度とは限らないのです。そんなわけで中秋と満月の日がずれています。

ちなみに、月齢というのは朔の瞬間からの時間を日単位でカウントしたものです。そのためこれも旧暦の日とは厳密に一致しません。今年だと月齢15になるのは明日9/16です。ややこしいですね。

まあ、なんだかんだいって、今日から17日まではお月さまが楽しめます。というか、お月さまは一年中いつでも楽しめます。

そんないろんなことが気になったら、是非とも拙作のアプリをどうぞ(いきなりステマっぽくなった

これらの暦の計算を全部アプリの中でやってますので、単に好きなだけでなくいろいろと詳しくなりました。

17日まで中秋の名月セール開催中です。

月読君 v4.0.0 を公開しました – iOS10/watchOS3対応 & 中秋の名月セールします | 株式会社そらかぜ

さて、18時過ぎに帰宅して、家族全員集合で外にでて、上述の夕暮れ空のお月さまを眺めることができたので今年は大満足です。

あと、月より団子よりビール、ですな。

余談ですが、11年前の中秋の名月の日に結婚しましたので旧暦ベースでは今日が結婚記念日。


月読君-月の満ち欠けと暦カレンダー 中秋の名月セールします

Icon-60@2x

毎年恒例の時期がやってきました。今年の中秋は明日27日です。が、天文上の満月は明後日28日になります。なので、今年は2日もお月さまが楽しめるという素晴らしい年。

というわけで、9/28まで50%オフセールします。これを機会にぜひぜひお試しくださいませ。


・・・と、せっかくなので、現在最終微調整中の次バージョンをチラ見せ。

20150926_Untitled のコピー

もう少しお待ちくださいませ〜


月読君-月の満ち欠けと暦カレンダー 中秋の名月セールします

毎年恒例のこの季節がやってきました。

今年の中秋は9/8です。(追記:ちなみに満月は9/9です)

20140907_Screenshot 2014.09.07 05.22.39

というわけで、9/9まで50%オフセールします。これを機会にぜひぜひお試しくださいませ。

不安定な天気が続きますけれど、雲の合間からでもみられるといいなあ(それはそれでかっこいいんだけど


中秋(月の満ち欠けと暦カレンダーアプリ「月読君」セール)

Tsukuyomi_Icon

待ちに待った1年に1度の日がやってきました。

今日は中秋です。

春や夏と違って空気が乾燥し月が鮮やかにみえるため、月を愛でるのに最適とされた秋(冬は寒いので論外)。まあ、今年は猛暑の名残でまだ蒸し暑い感じはありますけれども、それはそれとしてたまには夜空を見上げてみませんか、と。

ちなみに、今年は、中秋(暦上の満月)と天文上の満月がずれる年なので今日と明日と2回楽しめます。月の丸さからいえば明日のほうが丸い。

うんちくたれるとすれば、月の周期は30日より少ないので、新月ベースで数えた15日(暦上の満月の日)と、天体としての満月(太陽との黄経差が180度)がずれるのはよくあることで。これは別に中秋に限ったことじゃなくて。

そんな月を楽しむ2日間なので、月アプリの作者として、もっとみんなに月を身近に感じて欲しいなってことで、2日間限定でセールします。(年に1度しかセールしないのでこの機会に是非どうぞ)

avail_on_app_store.png

今日と明日のみ。月見のお供にどうぞ。意外に、月の位置情報(高度とか方位とか)が便利ですよ。

とはいえ、関西地方の今日の天気は雨模様だそうで、残念無念…


月の満ち欠けと月齢カレンダーアプリ「Tsukuyomi International」v1.0 を《日本以外で》公開しました

Tsukuyomi-International

はじめにお断りしておきますと、このアプリは日本のAppStoreでは購入できません(理由は後述)

さて、月の満ち欠けと月齢カレンダーアプリ「Tsukuyomi International」を《日本以外で》公開しました。《日本以外で》はともかくとして、どんなアプリかといいますと、、、

tsukuyomi-int_1 tsukuyomi-int_2 tsukuyomi-int_3

あれ?「月読君」と同じ?と思った方、大正解です。

もともと「月読君」は日本独自の暦情報を満載して、完全に日本向けに作られたアプリでした。で、海外におられる日本人ユーザさんに向けて、地域設定などを追加していくうちに、ふと「もしかして、これ、このまま海外向けに作り直せるんじゃ?」と思いまして、日本独自の暦情報を省き、純粋に月と太陽の情報を見るためだけのアプリとして作りかえたものが、この「Tsukuyomi International」です。

そんなわけで、日本のユーザさんにとっては「月読君」から情報が劇的に減っておりますので、混乱を避けるため、日本では非公開とさせてもらっています。

日本向けには日本独自の機能を持ったアプリを出し、それ以外の地域にはその独自機能を完全に省略したものを出す。そういうちょっと変わった方法での公開をしてみました。はてさて、どうなりますことやら。


月の満ち欠けと暦カレンダーアプリ「月読君」v1.3 を公開しました

Tsukuyomi_Icon

盛り沢山のv1.3を公開しました。

変更点

  • デジタル大辞泉との連携を追加
  • Retinaディスプレイ対応
  • 月と太陽の位置(方位・高度)の表示を追加
  • 太陽の各薄明時刻の表示を追加
  • 地域設定で経緯度やタイムゾーン設定を細かくできるように
  • うんちくのフォントサイズを調整
  • バグ修正

avail_on_app_store.png

Retina対応と大辞泉連携は順当なところですが、方位・高度は新しい計算が加わりました。いろいろと関連書籍を購入し調べていたところ、意外に既存の計算式の組み合わせでできることもわかりまして、おかげさまで「今、どっちの方角に見えてるの?」っていうのがわかるようになりました。

それに伴ってといいますか、経緯度とタイムゾーン設定も細かくできるようになっています。このインターフェースは結構悩みどころで、Dianaでも同様の設定画面があるのですがいまいちしっくり来ておりませんで、今回は新たに考案してみました。どうですかね。まあ、そんなに使われるところでもないのですけれど。

in reviewからready for saleまでが6時間かからなかったという感じで、トータルではいつも通り1週間程度なのですが、審査員によってin reviewヘの遷移条件が違うんだろうな、というのを目の当たりにした印象です。

  1. 7/28: 提出
  2. 8/4 0:16: in Review
  3. 8/4 5:42: ready for sale

まだ使われていないという方も是非どうぞ。


月の満ち欠けと暦カレンダーアプリ「月読君」v1.0公開しました

Tsukuyomi_Icon

久しぶりのオリジナルです。そして初の有料!アプリ。自作アプリを公開しはじめて8年くらい経ちますが、明示的に有料にしたのはこれがはじめて。なんか、それだけでドキドキしますね。

それはさておき、タイトルの通りお月様のアプリです。Storeの紹介文から一部抜粋しておきます。

月読君(つくよみくん)は月の満ち欠けと日本の旧暦カレンダーを表示するアプリケーションです。
日本古来から伝わる季節に基づいた暦を日々の生活の中で身近に感じるお供として、是非お使いください。

<特徴>
– 月の満ち欠け表示
– 現在地に基づく月と太陽の出没時間表示
– 西暦と旧暦(太陰太陽暦)のカレンダー表示(理論上、任意の年月日の暦を参照可能←1970年から2030年までの暦を内包していますが、その範囲外の暦も自動算出されます)
– 旧暦の各種暦情報表示
o 月の呼び名
o 二十四節気・七十二候
o 干支
o 節句
o 雑節(節分、彼岸、土用など)
o 暦注(六曜、九星、十二直、二十七宿、二十八宿、撰日、暦注下段など)
– 各暦情報の簡易解説表示(うんちく)
– 各暦情報の外部辞書との連携
o wikipedia[内蔵ブラウザ](インターネットへの接続環境が必要です)
o 大辞林(大辞林アプリを別途購入する必要があります)

要するに月と日本の暦に関する情報を網羅的に見るためのアプリケーションです。「今日の月齢は?」といったところから「節分ってなに?」「お彼岸っていつ?」ということまで全部調べられます。

こんな感じのアプリです。

1_Today 2_Today_L 3_Calendar

使ってみたところの動画はこう。

この現代おいても普段何気なく身の回りにある「暦」というものに親しみを持ってもらえればいいなあ、と思っています。四季のある日本で古来から伝わってきた暦が、日々の季節を感じるお供になってもらえれば、と。

ダウンロードはこちらからどうぞ。230円です。

avail_on_app_store.png

iPadアプリが一段落したのか、ちょっとだけ審査がはやくなっているようです。

  1. 4/9 : 提出
  2. 4/10 : in review
  3. 4/14 : ready for sale

ready for saleから公開までに時間をあけたのは、14日が新月だったからです。せっかくダウンロードしていただいても、最初に起動したら真っ暗の月っていうのは味気ないですよね。半月や満月とは言わずとも、ある程度は月の満ちた部分があったほうが視覚的にいいですからね。

今回もデザインはメタ・グラマー様にお世話になりました。また、月の画像はプレ天文様にお世話になりました。どうもありがとうございました。

余談

それこそ8年くらい前からいとーけーのページをご覧になっている方には、見覚えのあるアプリ名だったかもしれません。月齢表示のDianaもそうですが、「月読君」はもともとMac用のアプリとして存在していたのです。(OSX 10.2以降対応で、今でも一応DL可能です。ただ、バグ多数ですけれど・・・)

iPhoneアプリを作りはじめた時、同じようにDiana→月読君という流れは頭の中にあったのですが「どうせやるならカレンダーも表示したい!」という思いがあり(Mac版ではその日の暦を表示するだけでした)、そこが未知の世界だったので躊躇しておりました。で、この度ようやく一念発起して、つくりあげてみました。

たまに「月、好きねえ」ということをいわれますが、「ええ、好きですよ」とね。いつもするエピソードとして、月に見とれて自転車のまま電柱に突撃したことがあるくらいのもんです。満月が近づくとわくわくするし、中秋の季節なんてもう楽しみでなりません。

ちなみに、Dianaはローマ神話の月の神様で、月読は日本の月の神様です。そんなんばっかです。

と、そんなこんなで是非お使いくださいませ。


シンプルな月齢表示アプリ Diana v1.0.2 が公開されました

Icon

Diana(ディアナ)は「お、今日の月はキレイだね」と思った時にさらっと月齢なんかを調べられるアプリです。

avail_on_app_store.png

変更点

  • 日付フォーマットがおかしくなる問題を修正
  • 出没時間の順番を改善

日付フォーマットについてはv1.0.1への再修正です。

また、もともと太陽や月の出没時間については、現在時刻をはさんで表示するようにしていたのですが、時間帯によってはそれが逆に分かりにくくなることもありまして(没→出の順番になるとか)、今回の変更で原則として出→没の順番になるようにしました。

最近のアップデート審査は早いですね。1日で通ることもあるみたいですから。審査状況を通知してもらうようにしているので助かります。

  1. 2/24: 提出
  2. 2/25: in Review
  3. 2/27: ready for sale

アップデートされる方も、新規の方も是非どうぞ。


サクラサク

そんな季節になってきました。

先週末に開花宣言のあった京都ですが、また肌寒くなってきたものの、うちの近所でもちらほらと桜が咲き始めているようです。

「春だねえ〜」と思いつつも「また混む季節がやってきたねえ〜」という複雑な心境です。なんせ、近所の主要道路が観光シーズンになるともろに大渋滞を引き起こすんでねえ。(平日なら5分の道のりに1時間以上かかることもざらです)

そうはいっても観光都市なので、この人混みのおかげで僕らは住民サービスを受けられるわけで、まあ、仕方ないといいますか。

なので、また京都脱出計画を練らねば、と。


春の気配-2

春一番が吹きまして、夏日だったところもあるとかいう週末でした。

京都もぽかぽか陽気で、桜でも咲くんじゃないかと思うほど。

そろそろ冬も終わりなのかねえ、というで、我が家の春の気配をご紹介。

まずは去年の秋ごろに庭に植えたチューリップ。順調に芽が出てきました。

20090215_1.jpg

そして、我が家の春の気配といえばこれ。満開になった梅です。(逆光だけど。。。)

20090215_2.jpg 20090215_3.jpg

この週末のあまりの陽気に、今度雨でも降ったら散るんじゃないかと思ったわけですが、まあ明日からはまた冬空みたいなので、しばらくは大丈夫でしょう。

で、季節の変わり目は体に気をつけないと、ですね。