写真投稿iPhoneアプリ PictShare v3.1 公開しました – サムネイル一覧にサービスアイコン表示など

v3.0でのユーザさんからの要望をいくつか取り入れてみました。

変更点

  • 送信済みマークとしてサービスアイコンを表示する設定を追加
  • サムネイル一覧にフィルタ設定を追加
  • 重複したアカウントを作成できる設定を追加
  • アカウントごとにラベルを指定できるように(アカウントの詳細設定より)
  • [Evernote] 安定性の向上
  • 細かいバグ修正

またまた順番に説明していきます。

サービスアイコン表示

v3.0で一番多かった要望かも。

v3.0でサムネイル一覧に送信済みの写真に送信済みマーク(チェックマーク)を表示できるようになっていたんですが、どこに送信したかも一目でわかるようにしたい、ということだったので、それではってことで、「チェックマーク」or「サービスアイコン」を選択できるようにしました。

「サービスアイコン」を選択すると、こんなふうにちょっとにぎやかになります。

フィルタ設定

サムネイル一覧右上の「フィルタ」から一覧表示にフィルタをかけることができます。「写真」「動画」とか「送信済み」「未送信」を組み合わせることで、「未送信」の「動画」だけを表示して、一括選択→送信、なんてことができるようになりました。

アカウント設定まわり

もともとPictShareでは重複したアカウントを登録できないようになっていました。まあ、これは普通の話で、例えば同じTwitterアカウントを2つ登録しても意味がないと理由からです。

でも、同じアカウントに対して別々の設定をそれぞれ保存したい、という話になるとちょっと状況が変わります。例えば同じEvernoteのアカウントを2つつくって、片方はオリジナル解像度でノートブックAへ、もう一つは解像度落としてノートブックBヘ、っていう別々の設定をその時に応じて簡単に使い分けたい、とか。

で、アカウントの重複を許可するかどうかの設定が追加されました。この設定をONにすると、重複したアカウントでも追加できるようになります。

ただ、その場合、今まではアカウントの見分け方としてユーザ名が表示されているだけだったため、見た目にどっちがどっちかわからなくなってしまいますので、アカウントごとに「ラベル」を指定できるようになりました。各アカウントの「詳細」設定より表示ラベルを指定できます。指定していない場合には今まで通りユーザ名が表示されます。

上の例でいえば、「ノートブックA」というラベルと「ノートブックB」というラベルを付けてもいいかもしれませんね。他にもTwitterの送信先ごとに作ったり、解像度ごとに作ったりすることもできますね。

avail_on_app_store.png

機能的にはいったん一段落かなあ、と思っているところです。いくつか追加したいサービス(まだあるのかよ!っていうツッコミ歓迎w)はあるので、それにもぼちぼちと対応していきましょう。

現在の対応サービスはこんな感じです。

  1. DropBox
  2. Evernote
  3. Facebook
  4. Flickr
  5. mixi
  6. Picasa
  7. Posterous
  8. SmugMug
  9. SugarSync
  10. Tumblr
  11. Twitter
    1. Twitter公式
    2. Twitpic
    3. yfrog
    4. Lockerz
    5. Mobypicture
    6. TwitVid
    7. ついっぷるフォト
  12. YouTube
  13. はてなフォトライフ
  14. フォト蔵
  15. メール(直接メール送信)

今回は思ったより早かったです。週明けになると思っていたんですけどね。

  1. 2/28 提出
  2. 3/4 in review
  3. 3/4 審査通過

みなさん是非お使いくださいませ。